'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

淋しいと思うのは当然、かまってほしいのも仕方ない。

f:id:inainaco:20201002101634j:plain

 

 

 

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

中秋の名月の昨日は、月が光り輝いていました。

 

 

私には4歳の甥っ子がいるのですが、会うと、

「おねぎょ(私の呼び名)、見といてや!見といてや!」

と、自己顕示欲満載です。

 

見たところで、こまちとはやぶさタカラトミー製)の連結の瞬間だったり、家庭用トランポリンで跳ねているのを見せられたりするだけで、大したものではないのですが、とにかく、見てほしいみたいです。

まあ言われなくても、かわいいのでこちらはずっと見ていたいのですが。

 

大人になると、見てほしいとか、かまってほしいとか、そんなことをあからさまに言うのは恥ずかしい、いやがられると思うので控えめにするけれど、人間って、本当はこんなものかもしれないなとも思うのです。

 

 

 

こんな心理学の実験があります。

 

アカゲザルの赤ちゃんを、ケージに入れて育てるのですが、ケージには2つの「お母さん」を置きます。

 

両方とも、本当のお母さんではなく、ハリガネで円筒形の胴体を作ったものに、顔をつけたお母さんです。

 

1つは、ミルクの吸い口がある、ミルクの出るハリガネお母さん。

もう1つは、ミルクは出ないけれど、ハリガネの体に毛布を巻いたお母さん。

 

そこでおさるの赤ちゃんを育てます。

 

 

赤ちゃんがどのように過ごすかを観察すると、普段はほとんど毛布のお母さんに抱きついて過ごし、おなかが空いたときだけ、ミルクのお母さんのところに行ってミルクを飲みます。

飲んだらまた、毛布お母さんのところに戻っていきます。

 

 

そして、このおさるの赤ちゃんを急に驚かせたら、どっちのお母さんのところに行ったかというと、やはり、毛布お母さんにしがみついたのです。

 

 

つまり、おさるの赤ちゃんは、ミルクをくれるお母さんより、ミルクすなわちエサはくれないけれど、毛布のやわらかい、あたたかい肌触りのあるお母さんを、「お母さん」と認識していたということなんです。

 

 

このような実験は、動物の一生にも影響を与えるので、今は、倫理的な観点、動物愛護の観点からもされていません。

 もう50年以上も昔の実験です。

 


ただこれは、動物にとって、いかに「ぬくもり」、「愛着」のようなものが必要か、ということを示す実験となりました。

 

エサさえくれていたらいいというわけではないのです。

何のお腹の足しにもならない、ぬくもり、愛着というものを、動物は求めているのです。

 

 

そして、おさるさんでさえそうなのだから、いわんや人間をや、なのです。

 

 

人間は、生き物としては、おさるより知能が高いです。

知能が高いということは、それだけよけいなことを考えるということ(乱暴な解釈・笑)。

おさるさんでさえ、何の腹の足しにもならない「愛着」を求めるのだから、もっといろいろ考えちゃう人間は、ごはんが食べられて、生活できたらそれだけでいいとは、なおさらならないのです。

 

淋しいし、かまってほしい。

そんな思いが生じるのは、当然のことだと思うのです。

 

 

そしていろいろ考えちゃう人間だから、大人になって賢くなればなるほど、

「こんなこと言ったら迷惑かな」

「これはわがままかな」

とますますいろんなことを考えて、淋しい、かまってほしい、もっと私を見てほしいという当然の気持ちを言えなくなります。

 

 

淋しいと思うのは当然。

かまってほしいのも仕方ない。

 

心から甘えられた経験がないのなら、なおのことです。

 

 

だから、淋しいと思うことを、情けない、申し訳ない、ダメだなんて思わなくていい。

 

淋しい、かまってほしい、もっと私のことを見てほしい、そんな気持ちが沸いてきたら、

「そうだそうだそりゃそうだ。おさるさんだってそうなんだもの、いわんや人間をや。」

と自分に言ってあげてください。

独特な声かけ(笑)。

 

 

淋しいのはおかしくない、思ってもいいって自分で思えたら、それだけで少しホッとできるかもしれません。

 

そこからその淋しさをどうするかは、いろんな方法があるだろうけど、とりあえず言える人に言ってみるのもいいかもしれません。

 

「何だか淋しくて。声が聞けるだけでも安心するから、3分だけ話させて。」

そんな風に言ってみる。

 

気丈に見える人でも、みんな同じ人間だから、こちらから素直な気持ちを話したら、案外共感しあえるんじゃないかなあ。

 

そんな弱気なこと言ってちゃダメ!もっと強くならなきゃ!とか説教されそうになったら、逃げてー!

「今私、そういうモードじゃないんで」って。(笑)

どうしても話せる人がいないなら、私に話しにきてくれたらいいです!