'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

今からお話しすることは、私が勤めていた病院で起こった、本当にあったお話です。

 

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

昨日の晩は、とうとう本格的に冬がやってきたような夜でした。 

今年は久しぶりに、コートを新調しようかなあと思っています。うきうき。

 

 

さて、今からお話しすることは、私が以前勤めていた病院で、担当していたとある患者さんからお聞きした、本当にあったお話です。

 

その患者さんは、4人部屋に入院しておられた、50歳前後の女性の方。

 

ある夜、人が泣く声で目が覚めたそうです。

 

耳を澄ますとやはり、静かに、シクシクと泣く声がする。

 

恐る恐るベッドのカーテンを開けると、隣のベッドで、おばあさんが泣いておられました。

 

「おばあちゃん、どうしたん?」

と声をかける女性。

 

そうすると、そのおばあさんは、こう答えました。

 

「お父さんが生きてた頃は、楽しかったなあと思い出したら、淋しくなって……」

 

 

そのおばあさんは、亡くなったご主人を思い出して、さみしくて泣いておられたのです。

 

夜の病院なんて、昼間とは違い、暗くて静かで淋しい雰囲気です。

ましてや、体調を崩して入院中とあれば、夜はなおさら心細いもの。

 

そんなときに、頼りにされていた今は亡きご主人のこと、いろいろなできごとを、思い出されたのでしょうね。

 

 

f:id:inainaco:20201122125832j:plain

 

 

 

その高齢女性(れっきとした入院中の患者さんです。霊ではありません・笑)のそのときのお気持ちを考えると、どうしようもなく切ないのですが、それでも、すごくいい時間を、ご夫婦で重ねてこられたんだろうなあと、うらやましく、すごく愛おしく感じました。

 

そんな風に思い出してもらえるご主人は、本当に幸せだなあとも。

天からその様子を見ていたら、きっと今すぐ駆け寄って、抱きしめたいと思われたことだと思います。

 

もちろん、長い夫婦生活、いつもそんな気持ちでおられたのではないかもしれない。

ときにはけんかし、すれ違い、疎ましく思ったこともあったかもしれない。

それでも、過ぎ去ってみれば、そのすべてが愛おしい思い出となるのかもしれません。

 

 

てことで、今日はいい夫婦の日なはずなので、いい夫婦エピソードをおすそわけ。

自家製じゃなく輸入品なのが少し残念ではありますが(笑)。

 

別に、男女の愛の形が結婚だけとは思ってるわけじゃないし、結婚さえすれば幸せになれるとか思っているわけでもないし、むしろ現実はもっと大変なこともあるんだろうし、それがゴールとも思っていないけれど、それでも恋が冷めても簡単には別れられない契約をすることで、長年ともに日常を生活してきたからこその重み、厚み、愛情というものも、確かにあるんだろうなあと思うわけです。

 

 

その話を教えてくれた50歳前後の女性は、

「主人が死んだら、私やったらせいせいするけどなあ。ハッハッハ!」

と笑っておられましたが、それも、ご主人が元気で側におられるからこそ言える冗談なのでしょうね。

 

 

いい夫婦の日の今日くらいは、いい夫婦エピソードを聞いて、幸せな結婚のアファメーションを。

アファメーションアファメーションイメトレイメトレ。

 

 

 

 

BGMにはこちらがオススメ!←誰?

安藤裕子さんの「のうぜんかつら(リプライズ)」。

安藤裕子さんのお祖父さんが亡くなられたときに、お祖母さんがお祖父さんを想って書かれた詩を元に、夫婦の愛をテーマに作られた歌です。

やさしいメロディなんだけど、同時に、どうしようもない切なさも感じられます。 

 

 

www.youtube.com