'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

私は私でぼちぼちいくか。

私は私でぼちぼちいくか。

 

 

'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

週末に祖母のお通夜と葬儀を終えました。

今はたいてい、告別式と初七日を一緒にしてしまうことが多いと思うのですが、

一日仕事でぐったりです。

 

気持ち的に、というのもあるし、

長時間じっと座っていて、というのもあるし、

ここのところかなりの寝不足も続いていたので、

ぐったりしてしまいました。

 

あ、この感じ、風邪引きそう。

今このご時世に、風邪を引くわけにはいかないのよー。

ということで、昨日は晩ごはんも食べず、とにかく一目散に寝ました。

 

カウンセリングの募集も、

バッタバタになってしまいました。

 

お仕事としてのカウンセリング。

やっとスタートラインに立った。

これからです。

とりあえず、見るだけでも!(笑)見ていただけたらうれしいです(^▽^)

カウンセリングご予約の受け付けを開始いたします 

 

 

ああでも、今日ももう、早く寝た方がいいなあ。

まだまだ本調子じゃない感じです。

 

 

先週、続きを書きますと言ったままの話があるのですが、

もう誰も覚えてないかも(笑)

込み入った話を書く気力体力がないので、

今日もまたまたつれづれなる日記を。

お許しください。

 

 

祖母の葬儀は、

高齢で参列してもらうお友達もいないし(^^;;

この情勢なので、

祖母の子どもたちと、

私たち孫たちと、

ひ孫たちだけで行いました。

それ以遠の親戚にはまだ知らせもせず。

 

 

祖母は97歳とここに書きましたが、

斎場の方は98歳と言うし、

お坊さんはお経の中で99歳と言うし、

え、おばあちゃんは一体何歳だったの?

となっていました(笑)。

 

大正生まれなので、計算が難しい。

 

先月誕生日だったので、

結局98歳だったみたいです。

 

お坊さんはたぶん数えで言うんですよね。

 

 

 それにしても、

人の死って、

どんなに時代が進んで、

テクノロジーが発達しても、

「宗教」というものをもってしなければ

扱いきれないものなんだろうなあと思いながら、

お経を聞いていました。

 

何ていうか、

普通の人間には扱えないというか。

厳かとか神聖とか言うと、

かえって薄っぺらいのだけれど。

 

 

そして、

どんな人の中身も、

こんな骨なのね。

最後はこうなるのね。

ずっと自分の中にあったけれど、最後まで自分では見ることのなかった自分の骨。

何言ってんだ私は。

 

と、とりとめもないことをぼんやりと考えていました。

 

 

祖母は本当に、師匠言うところの自立系武闘派女子だったんだと思います。

 

主人と女中さんという関係で、妻子を置いて大阪から鳥取に駆け落ちした両親の長女として生まれ、

下は弟ばっかりで、みんなのめんどうをみて、

嫁いだ相手は、

お寺の後継ぎなのに、継がずに大阪に出てきて、

ろくに給料を持って帰らず、女遊びとお酒で、30代で肝硬変で亡くなり、

残された祖母は、子ども3人を1人で育て。

 

大正、昭和、平成、令和と生き抜いて、

本当に強い人だったなあと思います。

 

ありがとう。

大好き。

ゆっくりしてね。

月並みだけど、そんなことばしか思いつかない。

f:id:inainaco:20201209192230j:plain

 

そして、いとこたちと同窓会。

同窓ではないけど。血族だけど(笑)。

何となくほっとできていいです。

 

1番年長の従兄はアラフィフなのですが、

その子どもたちが立派な青年になっていて。

大学生と高校生と中学生。

2,3年前に会ったけれど、また印象が違う。

背が高い。

足長い。

うう、眩しい……

 

もうこれは、自分はBBAだと認めざるを得ないです(笑)。

 

たぶん結婚して子どもを育てていれば、

自然と世代交代の意識が育つのでしょうが、

私にはそれがないから、

自分の中で、うまく世代交代ができていないんでしょうね。

 

でも、立派な青年たちを見ていたら、

もう私の時代は終わったんだな。

と思わざるを得ませんでした。

 

いやだけど、BBAにはBBAの楽しみがあるか。

まあ私は私でぼちぼちいくか。

そんな風にも思えました。

ちょっと成長したな。

そしてBBAという呼称は、あんまりかわいくないな(笑)。

無理に若ぶる必要はないけれど、

自分にも、同世代以上の女性たちにも、

エールと敬意を込めて、

卑下するように使うのはやめよ。

 

 

とまあ、いろいろと感情も揺さぶられ、とにかく疲れました。

 

 

ここまで読んでくださった方、

なんの教訓もなかったですね(笑)、ごめんなさい。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ