'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

もう何一つ、「変えなさい」と言われたくない。変えるということは、今の何かしらを否定するということだから。

もう何一つ、「変えなさい」と言われたくない。変えるということは、今の何かしらを否定するということだから。

 

 

 ‘それなりに’うまくいっている→を→‘おもいっきり’しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

スーパー銭湯に行きたい。

思えば去年は、なんと1回も行かなかった!

 

 

さて、昨日は、未だに私は1人で抱え込むクセがあるようだという話をしたのですが。

 

そこから気づいた、まっだまだ私は生きづらいんだという話(笑)を、しばらく書いていきたいと思います。

 

 

医療の仕事で、ハイリスク患者さんを担当することがきっかけで、気が重くなったことから(何のことかわからんという方は、ぜひ昨日の記事をお読みになって♡)、転職して今の職場に移ったことに対する評価が、自分の中で再び始まっていました。

 

徐々に、今の状態を受け入れられるようになりながらも、それでもそんなことをずーっと考えてきたのですが、今年に入って、ふと、

「もう私は前の職場を辞めたんだ。とにかく辞めたんだから、これでよかったんだ。そういうことなんだ。」

そう思えたんですね。

 

なのに、今回の、ハイリスク患者さんと、重なったいろいろの件で、一気に今の状態に、疑いが膨らんでしまった。

 

 

あれ、私、転職して、前よりしんどくなってる。

何やってるんやろう私。

やっぱり今回の転職は失敗だったのでは?

 

どんな点がとかいうのは、もうさんざん書いてきていますし、細かいことは誰が興味あるねん!なので省きますが、とにかく、医療の仕事は、生活の糧のための仕事として省エネモードでこなして(患者さんのことはちゃんとみますよ!だけど医療の仕事で、新しい挑戦はする気はないということです)、カウンセラー業に注力したいのに、医療業に使うエネルギーが前より大きくなっているようで、しんどくなりました。

 

今の仕事を、ずっとやっていけるのか。

気力的にも体力的にも。

かといって、カウンセラー業で食べていけるかもよくわからない。

 

確かなものが1つもない。

 

前の職場のままの方が、よかったのでは?

いやいやでも、このまま、無難だけど、打ち込めるものがなく残りの人生を過ごすのはいやだと思って飛び込んだよね?

それにしても、冒険しすぎた。

勝手知ったる前の職場での安心感と、今はぜんぜん違う。

どうして積み上げたものを捨てるようなことしてしまったんだろう。

 

いっぱいつっこみどころはあります。

カウンセラーでやっていけるかわからんとか言ってる暇あったら、やってくって腹くくれや!とか。

無難がいやで挑戦したんだから、不安はつきものだろ!とか。

不安がなければまた、無難は退屈とか言い出すんだろ!とか。

わかっていますよ〜と予防線(笑)。

 

 

それで、どこまでさかのぼったら、私の人生は完璧になるのだろう、どこで間違ったのだろうと、夢想していました。

まず、高校は(そこから?)行きたいとこに入ったけど、ぜんぜん勉強してなかったので、そこできっちり勉強して、誰もが驚くような国立大学にでも入って、誰もが知ってる大企業に勤めて、ハイスぺの同僚とでもさっさと結婚して、早めに子育てを終えて、残りの時間は、お金の心配もせず好きなことして・・・

と、理想の人生を思い描いていました。

我ながら薄っぺらい夢想(笑)

 

f:id:inainaco:20200614191458j:plain

 

 

が、ふと、いやいやいやいや、どんな学校に行こうが、企業に入ろうが、結婚しようが、それをやるのは、この生きづらい私だよね?

てことは、どこにいても何をやっても、たぶん生きづらいのか?

ということに気づきました。

 

 

そっか、なーんだ、どこにいても一緒なんだ、今の状況がどうとかいう問題じゃないんだ。

よかったー。

これに気づけたのはだいぶ進歩です(笑)。

よかったー、今の状況は問題ではない。

と思ったのですが、いや、ちがうやん、じゃあ、どこまでいっても、何をしても、このままだと、私は生きづらいってことやん!

ちょっとのことで気が重くなる、少しのことに気持ちが揺れるこの私のままでは、何したって同じやん。

ずーっとしんどいってことやん!

 

ノーーー!!!

助けて〜すゑ様〜〜〜!←なんで

 

 

外側の条件さえ整えば幸せになる、とかそういう問題じゃないのは、気づけるようになりました。

それはほんと進歩。

 

自分がどうあるかの問題なんです。

 

でもね、私もう、自分の改善点を見つけることには、ちょっと疲れてきたんです。

「改善」って、こうすべき!とかそんな強いことばで言われることじゃなくても、

自己肯定感を高めましょうとか、今のそのままの自分を受け入れましょうとか、楽になるはずのためのことでも、「それができないから変わらないんだ」って否定されているように思えて。

 

それができない自分のことも、受け入れましょうってことなんですけどね。

それさえ何だか辛い。

 

もう、何一つ、「変えなさい」と言われたくない。

変えるということは、結局は今の何かしらを否定するということだから。

もう1ミリも否定されたくない。

そういう気分なんです。

 

はい、誰も否定していません。

それだけ自分が自分を、否定しているということなんです。

 

おほー、重症(笑)。

 

 

結局私が言われたいのは、「大丈夫」ということ。

「そのままでいい」ということ。

「何一つ変えなくていい」ということ。

 

わー、変わる気ないやつー。

またそう自分を否定している自分もおり。

 

「大丈夫」

「そのままでいい」

「何一つ変えなくていい」

そう自分で思えばいいだけのことなんですが。

結局それが、できない自分も受け入れるということなんですが。

無限ループ(笑)

 

 

とにかく、自分がまだまだいかに自分を責めているか。

そんなことに気づきました。

 

 

そしたら、自分がブログにこれまで書いていた小ネタ(笑)も、薄っぺらく思えてきて。

読んでくれた人が、少しでもホッとできたらいいなという気持ちで、自分の身近な話題を元に書いているのですが、こんなちょこちょこが、何の役に立つんだろうと思えて、書きたいことがなくなってしまいました。

 

私はまだまだ私を責めている。

もう少し、このことについて、書こうと思います。

 

 

 

それでも(笑)

2月初旬にカウンセリング募集を開始します。

本ブログにて、開始日のお知らせ等しますので、見るだけでも見てやってください!

 

 

 

  

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ