'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

いただきものをしたとき、素直に喜べますか?

f:id:inainaco:20201022203902j:plain

 

 

 

 

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

 

あなたは、いただきものをしたとき、素直に喜びを表現できるタイプですか?

 

私は、今でこそだいぶ喜べるようになったけれど、まだぎこちなくなることがあります。

昔はもっと、でした。

 

 

学生時代、家庭教師のアルバイトをしていたのですが、そこで、生徒さんのお母さんが、お茶やお菓子を出してくださることがありました。

 

会社としてはたぶん、いただき物をしてはいけないという規則だったと思うし、毎回気を遣っていただくのも申し訳ないので、お断りしますが、どう言っても、「これくらいいいやん」、「会社には内緒にしといたらいい」と(笑)、厚意で出してくださるおうちもありました。

 

「してあげたい」というご厚意をとても感じるし、断固として一切受けつけないのも、かえって失礼だし、お気持ちをむげにしてしまうので、いただくこともありました。

 

 

でもそんなとき、すごーく先読みをして、どんな顔をしていいのかわからなくなってしまっていたのです。

 

お茶やお菓子をいただいて、おいしいし、お気持ちもありがたいけれど、ここで、

「おいしーい!うれしーい!ありがとうございますー!!!(キラキラ)

と喜んでしまったら、

次も出してくれと催促することになるんじゃないか、

またいいものを出さなきゃというプレッシャーをかけてしまうんじゃないか。

そんなことを考えて、喜びや感謝をどのくらい出したらいいか迷ってしまうんです。

 

結果、せっかくしてもらってるのに、微妙な喜び度合いでお礼を言うという(笑)。

 

 

すごーく相手のことを考えに考えて、感謝しての、「微妙な喜び度合い」なんです。

 

でもそんな私の思考過程なんて、相手にはわからないんですよね。

 

次回のおやつ催促のプレッシャーをかけないがための微妙な喜び具合だなんてことは伝わらず、単に、

「そんなに好きじゃないのかな」

「かえって迷惑だったかな」

「反応の薄い人なんだな」

程度にしか映らないんですよね、相手には。

 

 

自分が誰かに何かをやってあげた時を振り返ると、喜んでくれたからって、

「ああ、喜んでるから次回は今回を超えることをやってあげねば……!」

とかいうプレッシャーを感じたりはしていないんです。

 

次はもっと喜ばせたいな、とは思うかもしれませんが、プレッシャーではない。

それより、喜んでくれたら、単純にうれしい。

それだけのことなんです。

 

 

欧米の子どもは、プレゼントをもらったら、飛び跳ねて全身で喜ぶイメージですが、それに比べると日本人って、子どもでさえ感情表現は控えめな子が多い気がします。

何かもらっても、はにかんで静かに笑ってる。

そんなシーンが多い。

 

もともとの気質と、周りの大人たちからの学習なのかなあ。

 

 

ともかく、すごく相手のことを考えに考えて、感謝もしているのに、それがみじんも伝わらないし、相手にもかえってさみしい思いをさせてしまうので、今は単純に喜ぶようにしています。

 

あれこれ考えて加工せずに、「うれしい」、「ありがたい」という気持ちを、そのまま出す。

 

図々しくもらっている人が、いい見本になりました(笑)。

周りを見渡すと、そういう人ってたくさんいるんですよね。

笑顔で受け取ることで、相手を喜ばせる人。

 

落ち着いて周りを見ると、「あ、そんなんでいいんやー」って緩ませてくれる人はたくさんいます。

 

 

いろいろ考えてるんですよー、こう見えて(笑)。

 

 

逆に言えば、他人のそっけない反応とか、イマイチな反応の中にも、こっちが思ってもみない心遣いがあるのかもしれない。

だから、人の態度にいちいち傷つくこともないなとも思うのです。

 

思ってる以上に、人ってやさしいよ。