'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

思わぬトラブルに遭って、大変な思いをしているあなたへ。

思わぬトラブルに遭って、大変な思いをしているあなたへ。

 

 

'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

春は名のみの風の寒さやとはいえ、紫外線の強さを見逃せない今日この頃です。

もう日傘を使うこととします。

 

 

医療の仕事をしていますが、元気になって無事退院される方に、

「退院したら、何食べたいですか?」

と聞いたりします。

 

贅沢なお料理名が出てくるかなと思いきや、案外、

「餃子」

お好み焼き」

とかいう返事が返ってくることが多いんですね。

ここが大阪だからですか?(笑)

 

贅沢な高級料理ではなく、意外や意外、いつでも誰でも食べられそうなB級グルメ。

 

特に、餃子やお好み焼きは、病院食では出にくいので、

何でもないメニューだけど、久しぶりに食べたいなあと思われるんでしょうね。

 

 

すなわち、なんでもない日常の中にこそ、幸せはあるんです。

 

とか言いたいんじゃなくて。

 

「選べる」ということが、大きな幸せの1つなんだろうなあと思うんです。

 

 

餃子やお好み焼きを食べたいと言った人たちも、

それが1番の好物か?

毎日それが食べたいか?

と言われたら、そうではないと思うんです。

 

ずーっと病院食は、もちろんいやだろうし、

かといって、ずーっと餃子もいやになるだろうし、

豪華料理も、ずーっとそれしか食べられませんということになると、やっぱりいやになると思うんです。

 

「それしか選べない」

というのは、ものすごい閉塞感を与えます。

 

逆に言えば、

「自分で何でも選べるんだ」

と思えたら、どんな状況でも、幸せを感じられやすくなるんですよね。


 f:id:inainaco:20200802085224j:plain

 

 

 

 だけど私たちは、世知辛い世の中でもまれるうちに(笑)、

「自分では選べない」

「こうするしかない」

といつしか思いこむようになって、不自由を感じていることが、結構あります。

 

視点を変えれば、

覚悟を決めれば、

ほんとは、選べることはすごく多いのだけど。

 

 

たとえば、

人差し指の先っちょを、紙で切ったとき、

あー、物をちょっとつまむだけでも痛いなあ、

顔を洗うだけでも、髪を洗うだけでも痛いなあ、やりにくいなあと、

ごく小さなけがなのに、すごく不便に感じたことはありませんか?

ちょっとした風邪をひいたとき、お腹が痛くなったときなんかもそうですよね。

 

そんなとき、

そのけがをする前は、

いかに自分が自由だったか、

幸せだったか、

生きやすかったかということに気づいたりします。

大げさですが(笑)。

 

 

今以上に不自由になったときに初めて、

「今まで私は、実は自由だったんだ」

って気づいたりするんですよね。

人差し指のけがなんかより、もっと大きなトラブルであれば、なおさら。

 

 

いろんなしがらみにとらわれて、

がんじがらめになってしまって、

自分は好きに選べない。

という観念。

 

思わぬトラブルというのは、そんな観念を、ぶっちぎってくれることがあります。

 

一時的にガクッと不自由になることで、

実は自分がその気になれば、

できることがたくさんあったんだって気づかせてくれるんですね。

 

 

そのコントラストでしか人は、自分の自由になかなか気づけないのが、少し残念ではあるのだけれど。

 

 

思わぬトラブルに遭って、大変な思いをしているあなたへ。

大変な思いをしている分だけ、日々大きな気づきをされていることと思います。

十分に自分をいたわって休んだら、

これからさらにさらに、いろんなことが拓けていくはずです。

私は全力応援しています!

 

  

ということで、

「案外自分は自由なのかも」

「自分次第で、何でも選べるのかも」

という目で見てみると、

閉塞感が少し晴れて、

できることが見えてくるかもしれません。

今すぐちょっと幸せになれるかもしれません。

 

 

 

▽あの雲を払って君の未来照らしたいカウンセリングはこちら

 いなこのカウンセリングメニュー

 3月のカウンセリングは、おかげさまで満席となりました。

ありがとうございます!

4月分のカウンセリングは、3月下旬に募集予定です。

よろしくお願いいたします(^▽^)

 

【キャンセル待ちをお受け付けいたしております】

キャンセル待ちをご希望の方は、下記のお問い合わせフォームから、メッセージ欄に「キャンセル待ち」と記入して、お送りくださいませ。

キャンセルが発生次第、先着順にご連絡差し上げます。

また、キャンセルが出なかった場合も、キャンセル待ちをお申し込みくださった方には、次回募集時に、先行案内を差し上げます。

「でもやっぱり申しこまな〜い」とスルーするのもありですので、お気軽にどうぞ!(笑)

 

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想、キャンセル待ちはコチラ