'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

したいことがわからない。好きなものって特にない。

したいことがわからない。好きなものって特にない。

 

 

'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

眠かったりでなかなか更新できず申し訳ありません。

潜在意識が書き換わってるのかなあ……

なんちて。

 

 

あなたは、焼きそばを作るとき、

何を入れますか?

私は、もやしとニラ、海老に、

ポン酢で味付けしたものが好きなんですが、

基本のソースの焼きそばなら、

キャベツと玉ねぎ、にんじん、

ピーマン、豚肉などを入れます。

 

これだとたくさん野菜も摂れて

一品で済むので。

栄養も摂れて、

作るのも楽なんです。

 

で、先日、

焼きそばをしようと思ったときにふと、

ある芸人さんが

バラエティ番組で言っていたことを

思い出したんです。

 

「俺、焼きそばはキャベツと豚肉しか入れへん。

それが一番おいしいねん。」

 

あー、わかるかも。

栄養のため、

一品で済ますために

いろいろ入れてるけど、

私もソース焼きそばなら、

キャベツと豚肉だけの方が好きかも。

ソース焼きそばなら、

キャベツと豚肉と、

油とソースの味だけの、

夜店みたいなちょっとジャンキーな味の方が好きかも。

 

そう、味の好みで、

焼きそばにいろいろな野菜を

入れているわけじゃないんですよね。

 

一品で栄養摂るためで、

そんなにおいしいと思って食べてない。

 

玉ねぎ入れると水分出ちゃうし、

(うまく作れる人は違うかも)

にんじんのえぐみも、

ピーマンの苦味も、

ソース焼きそばには、私はいらないかな。

 

それで、野菜の残りがいろいろあったのですが、

キャベツと豚肉だけにしてみました。

 

うん、シンプルでおいしい。

 

f:id:inainaco:20200727221911j:plain

 

 思えば私、

常に

合理的に

効率よく

物事を遂行しようと考えているんですよね。

 

それが好きかということは、

後回しになっていることも多い。

 

 

自分のしたいことがわからない。

好きなものはと聞かれても、

これって思いつかない。

 

そんな声を聞くことがありますが、

普段からこんな風に、

「好き」よりも、

「合理性」や

「効率性」

いわば、

「〜すべき」

「〜した方がいい」

を軸に考えるくせが

ついているからかもしれないですね。

 

私にとっては、

効率よく栄養を摂れることも

大事なことなので、

それを優先することがあってもいいのですが、

でも、

「好き」はこっちの方だな

ってことを意識したり、

今日は好きな食べ方しよう

っていう風に、選べたらいいですね。

 

うん、

いつでもどこでも

すべてを「好き」で埋められないとしても、

自分の「好き」をよく知って、

今自分は、

「好き」で選んでいるのか

「べき」で選んでいるのかを自覚して、

その時々で選べる自由を作れたらいいですね。

 

そうしたら、自分の

「好き」

「したい」

の輪郭が、はっきりしてくるかもしれません。

 

好きなこと

したいこと

壮大な夢のようなことをいきなり言えなくても、

こんな身近なところから

ちょっとずつ

好きを明確にしていったらいいんです。

 

 

 

 ▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ