'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」悪くない人生のはずなのに、心から幸せと言いきれない、このままで終わりたくないと思ってしまう。そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

自分のことが愛おしく思えた話

 自分のことが愛おしく思えた話

 

 

いやあ、またやっちゃいましたー。

昨日またオペラ座の怪人観に行っちゃいました。汗

サイトでチラッと見たら(←しょっちゅう見ちゃってる)すごくいい席がポッと空いてたので。

自分史上最高の席、左サイドブロックだけど2列目で観られましたー。

前に席なかったし!

めっちゃよかったー(T△T)

すてきすてきすてき。

 

チケット取った直後は、さすがに2週連続は、、と散財してる気がして罪悪感でザワザワしていたのですが、会場に着いたら吹っ飛びました。

 

俳優さんたちと目が合っちゃいそうな感じで目のやり場に困ったけど、しっかり見つめにいきました。笑

高井さん気づいてくれたかな。笑

 

罪悪感に負けず取ってよかったー。

 

 

それでね、観劇していてふと、

おばあちゃんになったら、死ぬ間際になったら、若い頃オペラ座の怪人が好きでよく観に行ったなーとか、今日の日のことを懐かしく思い出すのかなと思ったんです。

 

大したことない今だけど、それでも死ぬときになれば、愛おしく思い出すような気がして。

 

そしたら、すごく自分がかわいく思えたんですね。

 

四季の俳優さんたちみたいにすごい人にはなれなかったけど(笑)、ささやかな楽しみを見つけて、一生懸命生きてる自分って、かわいいな。

愛おしいな。と。

 

自然に、自分、よくがんばってるなー、一生懸命生きてて、楽しもうとしてて、かわいいなあって思えたんです。

 

 

 

 

そしたら、すごく前向きな気持ちになって。

 

生きてるうちに、もっともっといろんなこと楽しみたいな。

またオペラ座の怪人も観たいし、もっとおしゃれしていっぱい出かけたいし、旅行にも行きたいし、絵ももっと描きたいし。

恋もしなきゃね。(ファントム以外の実在の人物で。笑)

 

同時に、周りにいてくれる人たちのことも、すごく愛おしく思えました。

同じ時を一緒に生きて、みんな少しずつ年を取っていくって、なんかかわいい。

そしていつかは、みんなこの世からいなくなる。

私たち、一生懸命生きてるなーって。

 

この世にはいっぱい楽しいことがある。

もっともっとこの世を楽しもう。

 

自然とそんなことを考えていました。

 

 

「好きなことをしましょう」ってこういうことなんでしょうね。

あとさき考えずに、その瞬間は、ただ好きなことを楽しんでると、心から幸せを感じられる。

そしたら、自然と前向きにいろんなことしよう、したいって思えてくるんですね。

エネルギーが湧いてくるというか。

 

どんなことでもいいし、ちょっとの時間でもいいから、好きなこと、したいことに没頭してみてください。

あれこれしなくても自然と前向きになれるし、自己肯定感もちょっと上がります。

自己どころか、この世ごと肯定したくなりますヨ。

 

 

陰性証明があればイベント割でチケット代が20%オフになるということで、前日の出勤前に、早朝からやってる無料PCR検査場に受けに行ったんですよね。寒い中、朝早くから必死で自転車こいで。

どケチ根性でそんなに必死にがんばっての観劇だったので、よけいに自分がおかしく、かわいく思えました。笑

自分かわよ。

 

 

LINE公式登録はこちら

LINE特典について

ID  @567icozp

 

 

 

www.aikoingk.com

 

 

 

 

▽いなこの雰囲気はこんな感じです。

「やわらかい関西弁が聞き心地よい」とのありがたいお声をいただいています(‘∀‘)

m.youtube.com

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ 

 

 

 

【ご相談】自分にしみついた不幸を好むような観念を手放したいー無理に手放そうとせず、まずは一歩引いて見てみることからー

【ご相談】自分にしみついた不幸を好むような観念を手放したいー無理に手放そうとせず、まずは一歩引いて見てみることからー

 

 

‘それなりに’うまくいっている→を→‘おもいっきり’しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

本日は オンラインカウンセリング無料相談 | ココロノマルシェにいただいたご相談にお答えします。

▽元のご相談文はこちら

大病を患った可能性に安心している自分と強迫観念について - ココロノマルシェ

 

オンラインカウンセリング無料相談 | ココロノマルシェでは、心理カウンセラー根本裕幸お弟子さん制度を修了したカウンセラーが、無料で相談にお答えします。

どなたでも何度でも匿名でご相談いただけますので、お気軽にご利用ください(^▽^)

 

 

【ご相談】大病を患った可能性に安心している自分と強迫観念について

30代女性です。先日体調に違和感を覚え病院で検査した所、大病の可能性が出て再検査となりました。

その結果にどこか安心・冷静な自分がおり、本音を書き出した所

1.今まで感じていた鬱の様な症状も、気の迷いや性格ではなく病気のせいだったと証明できる

2.病気を理由に、「無理してでも馬車馬の様に働かなければ価値がない」という自分の強迫思考をようやく止められる(というか自分を説得できる)

3.病気という不幸を得ることで、これから来る幸福を迷いなく受け取れる資格ができた(=何も失わずして自分が手放しで幸福になることはありえない)

という本音が隠れていた事に気づきました。

幼少期や思春期などの経験から自己肯定感がかなり低く、

「馬車馬の様に働かなければ価値がない、

鬱のような大病になれば退職して良い」

「幸福の前兆には不幸がある、

幸と不幸は絶対的なバランスである」

といった強迫観念があり、自分でも酷く悩まされています。

今年の初めは思い切って退職し、好きな街に引っ越しましたが、あまりにも自由であり、自分が今幸せな状況にいる事が逆に耐えられなくなり希死念慮に苛まれました。

それらの経験を通し、自分は問題を抱えている事が好きなのだという事がわかりました。

正直大病かどうかの結果よりも、この状況下で安心してしまっている自分の思考のほうがマズイのではないかとようやく自覚しました。

自己肯定感を意識したり、とにかく自分にできることは色々していますがやはり絶対的な強迫観念が抜けません。

もはや人生のテーマのようにもなっています。

ただ、もうひとりの自分はその思考に疲れ切っていて、逃げたい、もう疲れた、と何年も前からSOSを出しています。

なのにやはり抜けることができません。

私は母子家庭で育ち、幼少期から「良い子でいる、優等生、母に迷惑をかけない」生き方をし、容姿でからかわれる辛さから勉強に居場所を見出していたこともあり、無茶が重なって小6頃にはじめて自傷行為(母は知ってますが重要視していない)。

また、自分がワクワクしてしたことが報われなかった経験も色々あったり、幼い頃遊んでいた最中にうっかりミスをして驚いて失神をしたり海で溺れて自力で陸までたどり着いたりと、色々なトラウマが多いことを自覚しています。

「成績優秀でいなければ」という観念が強すぎて、中学生の定期テストで提出1分前にケアレスミスを見つけて首が硬直→それから危機を感じたときは首の硬直という症状が出ることで長い事悩まされていました。

兄弟も親も希死念慮に悩んでいた経験を知っています。

正直実家との物理的な距離を置きたくて違う街に引っ越した理由もあるため、大病を理由に実家に戻ることになったら今度こそ本当に自分が危険な考えを持ってしまうかもしれないと怖いです。

とにかく一刻も早くこの思考から脱却したい。

長くなりましたが、ほんの少しでも良いのでアドバイスをくれるととてもありがたいです。

ビーさん

 

 

 

 

【いなこからの回答】

ビーさん、ご病気の再検査はもう済まされましたでしょうか。

 

大変でしたね。

適切な検査、必要であれば治療をされてお大事になさってくださいね。

 

 

ですが、そんな状況で、

>1.今まで感じていた鬱の様な症状も、気の迷いや性格ではなく病気のせいだったと証明できる

と、どこか安心しているということですが、

不調の原因に診断名がついて(ビーさんの場合、このご相談文の時点ではまだついていませんが)、安心したというのはよく聞くお話です。

 

原因不明の不調では、

治し方もわかりませんし、

何らかの診断名がつけば、

人にも説明しやすく、

その不調がある意味、

社会的に認められたということですからね。

 

なので、その点で安心したというのは、

まったくおかしなことではないかなと

私は思いました。

 

> 2.病気を理由に、「無理してでも馬車馬の様に働かなければ価値がない」という自分の強迫思考をようやく止められる(というか自分を説得できる)

 

というのも、心理学的な解釈では

よく聞くお話です。

わかりやすい理由がないと休めないから、

無意識に自分がそうしたんだ。

という解釈ですね。

 

ビーさんのこれまでのお話を拝読すると、

ほんとに自分に厳しくこられたんだなあ

ということがわかります。

 

常に自分を追い立てて、

心休まる間がなかったのではないでしょうか。

 

一方で、とても生命力の強い方だとも

感じました。

エネルギー、セクシャリティ

言い換えてもいいですね。

 

エネルギーが強いので、

その針の振り幅も大きいんですね。

自分を否定する方に振れれば、

とことん自分を酷使し、

傷つけることもできますが、

肯定する方に振ることができれば、

すばらしい恩恵を受けられるということです。

 

もういい加減、肯定する方に振るために、

この再検査というきっかけを、

無意識に自分に与えたのではないかと

思われたんですね。

 

 

>3.病気という不幸を得ることで、これから来る幸福を迷いなく受け取れる資格ができた(=何も失わずして自分が手放しで幸福になることはありえない)

 

この考えもありがちですよね(^^;;

ビーさんに限らず、

日本人なら多少なりとも誰でも

持っているのではないかと思います(^^;;

 

「何も失わずして

自分が手放しで幸福になることはありえない」というような逸話や昔話を、

子どもの頃から

たくさん刷りこまれてきた気がします。

 

戒めのために先人が作ったんでしょうが、

そんな、幸せに天井があるような思いこみを

植え付けるなよなー(怒)

と腹立たしいです、私も。笑

 

 

さて、この思いこみ、観念と言いますが、

ビーさんが勘づかれた通り、

おそらく自分に多大な影響を与えています。

 

人は自分の持つ観念通りに、

できごとを解釈し、

観念に沿った行動をしますから。

 

「世界は自分が創る」という

引き寄せの法則も、同じことですよね。

 

根付いている観念を書き換えるのは、

根気強く取り組む必要がありますが、

まず自分の観念に気づけたことが

めっっちゃくちゃ大きな一歩です!!!

 

観念は、その持ち主には、

それがたった1つの

この世の真実のように思えます。

 

それがこの世の真実ではなく、

ただの自分の考えなのでは?

と疑えたということですから。

 

 

ということで、自分の中の観念を、吟味してみてください。

 

 

一例として、

 

何も失わずして

自分が手放しで幸福になることはありえない

 

という観念。

 

 

これは絶対に本当と言い切れるでしょうか?

どんな時も、

この先も、

絶対にそうでしょうか?

 

 

この観念は、あなたを幸せにするでしょうか?

この観念があると、

ビーさんはどうなりますか?

 

 

この観念は持っていた方がいいでしょうか?

手放した方がいいでしょうか?

その理由は?

 

 

この観念の逆は、どうでしょうか?

 

何も失わずに

自分が手放しで幸福になることは十分ありえる。

 

これは、100パーセント嘘でしょうか?

 

 

この観念は手放した方がいいなーと思っても、無理に手放す必要はありません。

 

手放さねば!と思うと、

かえってとらわれてしまいます。

 

まずはただ、自動的に、

その観念に従った思考をして、

それが当然の真実のように感じていたのを

やめてみるだけでいいんです。

 

ただ、立ち止まってみる。

1度引きで見てみる。

こうして吟味してみる。

 

 

そして、

ああ、

これはただの私の考えにすぎないんだな。

と気づく。

 

まずはそれを繰り返ししてみてください。

 

 

いきなりその観念を手放せなくても、

これがたった1つのこの世の真実ではない、

私の考えの1つに過ぎないということを、

要所要所で気づくだけで、かなり違います。

 

無理に手放さなくても、

それを繰り返していると、

あるとき、

あれ、何で私こんなこと信じてるんだろ?

とバカバカしくなる瞬間が来ます。

 

そしていつしか、

その観念からだいぶ自由になれていることに

気づくようになります。

 

 

また、その観念の基盤には、

痛みや怖れがあるんですね。

 

たとえば、

自分には価値がないのではないか、とか

お母さんのいい娘ではなかったのではないかとか。

そう思うようになったきっかけのときに感じた

痛みが。

 

それを癒していくのも、

観念の手放しにとても有効です。

よければカウンセリングもご活用くださいね。

 

 

ずっと応援しています(^▽^)

ご相談ありがとうございました!

 

 

 

私も手放したい観念はまだまだいっぱいあるんですよ〜(^^;

時間があれば近所のコメダ珈琲で書き出して吟味してます

コメダ珈琲最高!

椅子の座り心地も長居のしやすさも(^^;;

感謝。

 

 

LINE公式登録はこちら

LINE特典について

ID  @567icozp

 

 

 

 

  

▽いなこの雰囲気はこんな感じです。

「やわらかい関西弁が聞き心地よい」とのありがたいお声をいただいています(‘∀‘)

m.youtube.com

 

 

 

www.aikoingk.com

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ 

 

 

 

開き直りの力は自己肯定の力

開き直りの力は自己肯定の力

 

 

昨日は、

どうせお休みするなら開き直ってお休みを満喫しましょう

とご相談にお答えしました。

 

 

この開き直りの力って絶大なんですよね。

 

同じことしても、

非難される人と許される人っていませんか?

 

あるあるー!って思った人は、

許されない側で、

いつも自分ばっかり損してるように

感じている人かもしれませんね。

 

あの人がやったら許されるのに、

私の場合は許されない。

ずるいー!

まじめにやっても損するばっかり!

正直者はバカを見る!

って。

 

ありますよね。笑

 

 

許される人って、

その行為を開き直ってやってる人

なんですよね。

 

 

 

開き直るというのは、

自己肯定とも言い換えられます。

 

ビクビクしながら

「こんなことしても大丈夫かな」

と思いながらやるのは、

その行為に、

その行為をする自分に、

否定的です。

 

でも、開き直っているというのは、

「何か文句でも?」っていうスタンスで、

当然のようにやっているということですよね。

その行為と、それをする自分を、

大肯定しているということです。

 

 

大肯定している人のオーラって、強い。

つい気圧されます。

肯定的に、当然のようにやるから、

文句言わせない空気出てる。笑

 

そして本人も、大肯定してるから、

意識が「肯定」に向いています。

なので、否定されにくいし、

否定されてもあまり気にならない、

気づかないんですよね。

 

だから結果、同じことをしても、

なんか許される

ということになるのだと思います。

 

 

なので、

まじめに正直にやるのがダメなのではなく、

自分のやることなすことを、自分が大肯定する

というのが大事なんです。

 

遠慮せずに、

私はこうしますけど?

それが何か?

っていうスタンスで。

 

 

あとは、その行為をやり続けること。

 

数回やって、受け入れられなかったからって

めげてはいけません。笑

そもそも大肯定していたら、

数回受け入れられなかったくらいで

めげたりはしないだろうけど。笑

 

 

タレントのYOUさんが、何かの番組で、

「キャラを受け入れてもらうには、

やり続けること」

とおっしゃっていました。

 

YOUさんは、今でこそ、

あのユルい感じが

憧れられるくらいの存在になっていますが、

若い頃は、

そのユルい感じが生意気だと

叩かれていたそうです。

 

たしかに、まじめだった若かりし私も、

いい印象を持ってなかったかも。笑

 

 

でも、

それにめげずにそのまま振る舞い続けたら、

だんだんと周りが、

「あの人はああいう人だ」

と受け入れるようになってきた、と。

 

だから、

受け入れられるまでやり続けなきゃだめ。

とおっしゃっていました。

 

 

自分のしたいスタイルを貫き通すと、

周りから浮いて、叩かれて、

それでも自分のスタイルを貫き続けたら、

それが個性となりウリとなり、

いつしか憧れられるカリスマやパイオニア

なったりするんですよね。

 

世間の評価も、

「叩かれていたのに、

めげずに貫き通したなんてかっこいい!」

に変わるんです。

さんざん叩いていたのに。

 

ね、人の評価なんていい加減なものです。笑

 

 

めげずに貫き通すには、

やっぱり自己肯定感が必要ですけどね。笑

 

 

受け入れられるまでの過程が大変だから、

周りに合わせて無難にいくスタイルでも、

別にいいんです。

お好みで。

 

理解されるまでの期間の苦痛を選ぶか、

無難に合わせて過ごしつつ、

でもほんとは違うんだけどなーという

違和感を抱き続けることを選ぶか。

ほんとにお好みですね。

自分で生きよい方を選べばいい。

バランスです。

 

 

開き直りの力は自己肯定の力

というお話でした。

 

 

 

 

 

 

LINE公式登録はこちら

LINE特典について

ID  @567icozp

 

 

 

www.aikoingk.com

 

 

 

 

▽いなこの雰囲気はこんな感じです。

「やわらかい関西弁が聞き心地よい」とのありがたいお声をいただいています(‘∀‘)

m.youtube.com

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ 

 

 

 

【ご相談】退職して5ヶ月休んだけれど働きたくない。一生ゴロゴロして過ごしたい―まだお休みが足りていないのかもしれません―

【ご相談】退職して5ヶ月休んだけれどまだ働きたくない。一生ゴロゴロして過ごしたい―まだお休みが足りていないのかもしれません―

 

 

‘それなりに’うまくいっている→を→‘おもいっきり’しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

本日は オンラインカウンセリング無料相談 | ココロノマルシェにいただいたご相談にお答えします。

▽元のご相談文はこちら

やりたくない事をやるには? - ココロノマルシェ

 

オンラインカウンセリング無料相談 | ココロノマルシェでは、心理カウンセラー根本裕幸お弟子さん制度を修了したカウンセラーが、無料で相談にお答えします。

どなたでも何度でも匿名でご相談いただけますので、お気軽にご利用ください(^▽^)

 

 

【ご相談】やりたくないことをやるには?

自分は家で過ごすのが好きで、ダラダラするのが好きです。

昔から学校(小中高)の長期休みがあると毎日、一日中家でダラダラ、読書したりテレビを見たりネットしたりして、一歩も外に出ないという過ごし方をしていました。

昨年退職し、5か月ほど休んだので体の疲労は抜けたと思います。就活しないといけないのですがダラダラしてしまい動けません。

働くことは嫌いだし苦痛しか感じません。

朝起きるのが苦行だし、家を出るだけでしんどいし、体力的にも精神的にもかなり無理をしないと働けないからです。

自分のやりたい事は死ぬまでずっとゴロゴロする事とそれを責められない事です。

結婚するつもりはないし、親は年金暮らしなので一生ゴロゴロするのは現実的に無理だと思います。

休んだら動けるようになるとよく言われていますが、それって元々動くのが好きな人だけなのでは?と思ってしまいます。

動くのが好きではない人間が動くには、やりたくない事をやるには、どうすれば良いでしょうか?

りんさん

 

 

 

【いなこからの回答】

りんさん、このたびはココロノマルシェにご相談をお寄せくださりありがとうございます。

 

死ぬまでゴロゴロしてたい、一生ゴロゴロしてたい、、、

ん、どこかで聞いたことあるような。。。

 

これでした。↓

m.youtube.com

 

 

私はこれを見てジャルジャルを好きになったのですが、

りんさんのご相談文を見て、

まさにこれだ!

と思い出して、お答えしたくなってしまいました。

 

ここに出てくる五路吾郎くん(←ゴロゴロ笑)は、

「1秒でも長くゴロゴロしていたい」という理由で、

リモートであるのをいいことに、

就職面接も寝転んで受けるというコントです。

 

長すぎるコントですが、よければゴロゴロしながら見てみてください。

 

ってそんなことどうでもいいから

早よ相談に答えんかいと怒られそうですが、

このコントから学べることもあるんですよ。

ほんまかいな

 

ここに出てくる五路吾郎くんは、

最初は、寝転んでいることを隠そうとしているものの、

最後の方はもう開き直って、

何で寝転んで面接を受けたのかという面接官の問いに、

「だって、ちょっとの間だけでも横になりたいじゃないですか」

と答えます。

 

りんさんは、お仕事を退職されて

5ヶ月ほど休んでいたとのことですが、

その間、この五路くんのように開き直れていたでしょうか。

 

もしかしたら

あまり開き直れていなかったのではないかなあ

と私は感じたんです。

 

 

いただいたご相談文からは、

ダラダラゴロゴロするのがすごく好きで、

そんな自分のことを認めていて、好きで、

「どうしたらこの状態を続けられるだろう?」

とワクワクを実現したい気持ちよりも、

 

「どうせダラダラゴロゴロなんてダメでしょ?」

「ゴロゴロして一生を過ごすなんてどうせ無理でしょ?」

「こんな私はダメなんでしょ?」

というような、怒りや投げやりのような感情があるように感じました。

 

まったくの見当違いであればごめんなさい(^^;;

その場合は、この先も見当違いだと思いますので、

お読みいただかなくて大丈夫かと思いますので

ごめんなさいね(^^;;

 

 

さて、

なぜ怒りや投げやりな感情が湧いてくるかというと、

まずりんさん自身が、

ゴロゴロしている自分を許せていないのではないか

と思うのですね。

 

自分が、

「そんな自分は許されない」

と思っていると、

周りもそう思っているように見えます。

 

そして、

どうせ私は認められていない、

理解されない

という思いが募り、

怒りや投げやりな気持ちになります。

 

 

>休んだら動けるようになる

というのは、一般的にはそうかなと思います。

 

人間というのは、

楽できるならできるだけ楽したい生き物かと思いきや、

まったくやることがないのも苦痛に感じるようです。

感覚遮断実感という有名な心理学の実験があります。

 

刺激だらけ、

忙しすぎ、

ハードすぎ、

というのはしんどいですが、

ある程度はやることがあった方がいいんですね。

 

人は、忙しいと、何もしない時間がほしいと思います。

でも暇すぎると、何か熱中したいと思ったりします。

 

繰り返しの毎日だと旅に出たいと思うし、

旅行に行くと、家が1番と思ったり。笑

 

人間とはその間を行き来する生き物なんでしょうね。

何事もバランスが大事。

 

 

もちろん、

ちょうどいい刺激の程度や頻度は、

人によって違いますが、

りんさんも、「一生ゴロゴロ」は、

飽きるときがくるのでは?という気もします。

 

でも、飽きない。

ということは、まだまだ休みが足りていないのかもしれません。

 

 

いやいや、5ヶ月休みましたけど?とおっしゃるかもしれませんね。

 

ですが、その間、本当にゴロゴロを満喫できたでしょうか。

ゴロゴロライフを心底楽しめたでしょうか。

 

 

 

 

ゴロゴロしている毎日ですが、どこかで、

「このままではいけないよなー」

「肩身狭いなー」

「お金大丈夫かなー」

「いつ頃就活しようかなー」

など、これから先の心配や、

自分を責めるような気持ちはなかったでしょうか。

 

 

先のことを考えたり、自分を責めていたりするとき、心は今にいません。

 

つまり、「休んでいる今」にいないんですね。

 

そうすると、

身体は物理的には休んではいるけれど、

心は休んでいない。

ということになります。

 

 

もしもりんさんが、5ヶ月のお休みの間、

休んでいる自分を全肯定できずに、

先の心配をしたり、

どこか自分を責めていたなら、

心は、5ヶ月分は休めていないと思われます。

 

心は、休んでいる今から離れて、

あれこれ考えて、

忙しくしていたんですね。

 

だから、

動き出したくなるほどには、休めていない

のではないでしょうか。

 

 

>自分は家で過ごすのが好きで、ダラダラするのが好きです。

昔から学校(小中高)の長期休みがあると毎日、一日中家でダラダラ、読書したりテレビを見たりネットしたりして、一歩も外に出ないという過ごし方をしていました。

とのことですが、

そのときの周りの反応はどうでしたでしょうか。

 

ご家族は、そんなりんさんに、

「いいねえ」

「楽しそうねえ」

と肯定的でしたか?

 

それとも、

「またあんたはダラダラして!」

「この子はほんとに動かない」

などというように、否定的でしたか?

 

その反応に対し、りんさんは、どう思っていましたか?

そんな自分のことを、どう思っていましたか?

 

 

読書もテレビもネットも、それ自体は悪いことではありません。

立派な活動ですし、本人が好きなら、いい趣味ですよね。

 

でもその好きなことを、

周囲に認めてもらえないと、

すごく悲しいです。

 

好きなことを否定されるって、

自分を丸ごと否定されたような気になりますもんね。

 

 

その理解してもらえない悲しさは、

「どうせ!」

という怒りに変わります。

 

そして、自分に否定的なことを言われてきたなら、

いつも頭の中に他人がいて

「こんなことしてちゃダメ!」

「もっと動かなきゃ!」

「お前はダメなやつだ!」

と責め立ててきます。

せっかく好きなことをしていても、楽しみきれないし、

心はその他人との会話でいつも忙しく、

休まらないんですね。

 

 

ということで、

どうせ休むなら、

その瞬間は、100%で休んでください。

というのが私の提案です。

 

 

りんさんは、まじめな方だと思います。

「一生ゴロゴロして暮らすには?」

ではなくて、

「やりたくないことをやるには?」

と相談されるくらいですから。

 

むしろ、まじめな方だからこそ、

仕事が体力的、精神的に

無理になるのかもしれないとさえ思います。

何事も、うまく手を抜くということをせず、

自分の中で厳しい基準を設けて、

まじめに働いておられるからこそ無理が来るのでは、と。

 

 

ほんとに働きたくなくて、

ほんとに心身共に無理であれば、

生活保護などの公費に頼ることも検討できます。

 

いくら親が年金暮らしでも、構わず80、90代になっている親に頼る、何とかさせるというやり方もあります。

いい悪いは置いといて、世の中にはそういう人もいるんですよ。

 

だけど自分で何とかしようと思っておられる。

まじめに、自立的に、自分に厳しく

育ってこられたんじゃないかなあと思います。

育ったご家庭は、常識的だったり、

しつけにきっちりされていたということはないでしょうか。

 

 

国民の義務として、

「勤労」が掲げられている日本ですし、

「働かざる者食うべからず」

ということばもあるくらいですので、

育つ過程で働かなければという観念は

手堅く誰にでも築かれていますよね。

だからたとえゴロゴロして暮らしたい願望があったとしても、

一生ゴロゴロして過ごすことを

自分に許可するのは、

難しくて当然だと思います。

 

ですが、どうせ休むなら、

その時間を、肩身狭い思いで過ごすより、

楽しんで過ごす方がお得です。

どう過ごしたって、同じように時間は過ぎてゆくのですから。

 

その瞬間だけは、先のことなどいったん置いておいて、

「あー幸せ」

と休んでいる今を満喫してください。

 

そういう時間をできるだけ増やしてください。

 

まだお仕事は決まっていなくて、

まだお休みがあるのなら、

ぜひしっかり休んでください。

 

そうすれば、

自分が望む暮らしをするために、動こうかな

という気持ちが出てくると思います。

 

それは、働くという形かもしれないし、

働かずにゴロゴロ生活を続けるための手段を探すという形かもしれません。

 

 

ずっと応援しています(^▽^)

ご相談ありがとうございました!

 

 

 

とはいえ私も、1日ダラダラしてしまったーって後悔に駆られる休日もあります。笑

ファンヒーターに足をつけてブランケットをかぶってゴロゴロして、さして読みたいわけでもないマンガの無料試し読みを漁って、さして見たいわけでもない動画を観ながら流しっぱなしで寝ちゃっての繰り返しで夜になったときの自己嫌悪……笑

でもそんな風に1日過ごせるって、すごくぜいたくで幸せなことなんですよね。

「ダラダラしちゃった……」じゃなく、「自由にゆっくり気の向くままに過ごせたぜー!」って思えたら、体の疲れも心の疲れもスッキリするんです。

 

 

 

LINE公式登録はこちら

LINE特典について

ID  @567icozp

 

 

 

 

  

▽いなこの雰囲気はこんな感じです。

「やわらかい関西弁が聞き心地よい」とのありがたいお声をいただいています(‘∀‘)

m.youtube.com

 

 

 

www.aikoingk.com

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ 

 

 

 

私も嫉妬しています。

私も嫉妬しています。

 

 

'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

 

土曜は、四季のオペラ座の怪人を観に行って、その後、新地で焼き肉食べて、お茶もして、1日それはそれは楽しく過ごしました。

 

今回の大阪公演で観た中で、1番いい席で、表情もよく見えるし、オフマイクの声もよく聞こえるし。

ほんとに最高すぎたなー。

 

 

なのだけど。

その反動で、次の日のさみしさがひどい。

 

あーさみしいさみしいさみしい。

 

元々、"祭りのあと"がすごく苦手なんですよね。

文化祭とか体育祭で、みんなでワイワイ準備してきて、ついに終わった後とか、さみしかった。

旅行も、帰り道はちょっとさみしい。

 

それでも、楽しんだし、よし!がんばろう!と活力になったりもするのだけれど。

 

今回は、ぜんぜん活力にならない。笑

 

 

私、嫉妬してるんだなーと気づきました。

劇団四季の人に。

俳優さんたちに。笑

 

四季の俳優さんたちに嫉妬するなんて、おこがましすぎて笑う。笑笑

 

 

でも、

これ!っていうものを見つけて、

そのために若い頃から音楽を勉強して、

厳しい練習をやり抜いて、

歌と芝居と自分と向き合って、

その中で強い絆で仲間と繋がって、

役をつかみ取って、

思いっきり全身で表現して、

たくさんの人の心を動かす。

カーテンコールでスポットライトを浴びて、

達成感を噛みしめる。

 

 

そんなことが、死ぬほどうらやましいんですね、きっと私は。

 

そういう人を見ると、すごく胸がザワザワして、焦って、苦しいんです。

 

 

昨日は、嫉妬してしまうというご相談に、「思いっきり嫉妬しまくりましょう」って答えたけど、それがしんどいんですよね。笑

 

嫉妬って、しんどい感情です。

一刻も早く、この感情から解放されたい。

 

 

でもやっぱりとりあえず、素直に嫉妬しまくろう。

いいなー、それに比べて私の人生は、、とか、思うままにいろいろ書き出そう。

 

その次は、無価値感と、自分の可能性と向き合おう。

この嫉妬は、

主に半分は、自分には何もないという無価値感から、

残り半分は、自分の興味関心からできている。

 

私には、ほんとに何もないのか。

向き合う。

 

私が興味あるのは、どんなことなのか。

それをなんらかの形でやれる可能性はないのか。

どうして私にはできると思わないのか。

向き合う。

 

嫉妬には、自分の魅力も隠れていたりするわけですからね。

自分の中にないものに人は反応しないから。

嫉妬には、自分の中にあるもの、あるけれどまだ発揮されていないものが埋まってるんです。

オペラ座観ても、時計チラチラ見てたり、うたたねしてる人もいるわけだし。笑

 

 

ということで、書き出しワークをしよう。

そんなことで、この苦しさからほんとに抜けられるのかと思うけど(おい)、とりあえずいろいろ書き出そう。

ねー、人にはわかったように言うけど、なかなかねー、自分のこととなると、グーっとなっちゃいますね。笑

 

 

そして、どんな感情で苦しい時でも、

立ち戻るようにしているのは、

「プロセスは完璧」

ということば。

 

今嫉妬しているのも、

苦しいのも、

完璧なプロセスの上で起こっていること。

これも私に必要なプロセスの1つだし、

私にとって最善な過程である。

そう信じて、深呼吸。

ちょっと落ち着く。

 

このことば好きだなー。

どんなときでも、このことばは、私のお守りになってくれる。

 

 

ということで、きれいにしてポカポカして快適な状態で書き出しやるべく、さっさとお風呂入りますね。

おやすみなさい☆

 

 

 

 

 

LINE公式登録はこちら

LINE特典について

ID  @567icozp

 

 

 

www.aikoingk.com

 

 

 

 

▽いなこの雰囲気はこんな感じです。

「やわらかい関西弁が聞き心地よい」とのありがたいお声をいただいています(‘∀‘)

m.youtube.com

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ 

 

 

 

【ご相談】美人な友人に嫉妬、心ない一言に怒りが収まらない。―対策は一通り嫉妬して怒りまくってから―

【ご相談】美人な友人に嫉妬、心ない一言に怒りが収まらない。―対策は一通り嫉妬して怒りまくってから―

 

 

‘それなりに’うまくいっている→を→‘おもいっきり’しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

本日は オンラインカウンセリング無料相談 | ココロノマルシェにいただいたご相談にお答えします。

▽元のご相談文はこちら

美人な友人との比較競争が止められません - ココロノマルシェ

 

オンラインカウンセリング無料相談 | ココロノマルシェでは、心理カウンセラー根本裕幸お弟子さん制度を修了したカウンセラーが、無料で相談にお答えします。

どなたでも何度でも匿名でご相談いただけますので、お気軽にご利用ください(^▽^)

 

 

【ご相談】美人な友人との比較競争が止められません

10年以上付き合いのある友人との比較競争が止められません。

友人は美人で友達が多くて誰にでも好かれているような人気者です。

モテるので恋人もひっきりなしに出来ます。

対して私は友人もほぼ居ない。(この数年間で関わりのある友人はこの人だけです。)

恋愛でも30年間で付き合った人は2人。友人以上恋人未満が1人。

ロックマン、野良猫で上手くいった試しがありません。

昔から彼女にうっすら嫉妬している自分がいたことはなんとなく認識していたのですが、趣味も合い、心から安心できる相手だったので楽しく過ごしていました。

しかし1年前、とある出来事があって以来彼女に対して嫉妬と怒りが爆発し止まらなくなってしまいました。

何をしていても彼女の顔がチラつき、彼女に勝てる?幸せになれる?とイライラモヤモヤします。

とある出来事とは、私が年下の野良猫くんに逃げられまくれ、流行病で身内も亡くなり、仕事も上手く行かずお金もカラカラになっていた頃。

彼女は私が欲しくても手に入らなかった年下の彼氏を手に入れ、お先に幸せになります!そう告げたのです。

それから彼氏とどこかに出かけた楽しそうな写真を送ってきたり、アナタが行けなかったこの場所のの写真送るね!と幸せをこれでもかと共有しようとしてきます。

それが私には嫌味だったりマウントを取られているように感じてしまってとても苦しいのです。

本来の彼女はマウントを取ろうとするようなタイプではなく、ただ誰かに楽しいことを共有したい人なのだということは頭では分かっています。

ですが、彼女に対する嫉妬心と怒りが止まることはなく。

距離を取ろうと彼女の誘いを断ったり少し適当な態度を取ってみたりしているのですが、彼女は私のことを大切に思ってくれているようで積極的に遊びに誘ってくれたりします。

その態度が私の罪悪感を刺激し、もうしばらく関わりたくない……でもいつも断るのも申し訳ないし、どうしたらいいのか分からない……。

という状態で困っています。

この1年間、自己肯定感を上げてみたり、今自分が出来ることに集中しよう、自分が楽しめることをしようと色々やってみてはいるのですがやはり彼女からの連絡や態度にに怒りと嫉妬心が湧いてきてどうしようもありません。

どうしたら良いのでしょうか……。

もう限界です……;

takeさん

 

 

 

【いなこからの回答】

takeさん、このたびはココロノマルシェにご相談をお寄せくださりありがとうございます。

 

まずはこの1年間、お疲れさまでした。

恋愛、お仕事、お金、身内の方の死と、大変な1年を過ごされたんですね。

その大変な1年を切り抜けられたことを、僭越ながら称えさせていただきたいと思います。

お疲れさまでした、よくがんばられましたね。

 

 

そんなときにtakeさん、とっても傷つかれたのではないでしょうか。

「お先に幸せになります!」

というお友達のことばに。

 

その傷は、しっかりケアできたでしょうか。

 

takeさんのご相談文を読んでいると、その傷のケアがまだ不十分なままなのではないかなと思いました。

 

 

自分自身に辛いことが続いているときに、

以前から全てがうまくいっている(ように見える)お友達にいいことがあって、

しかもそのいいことは、自分も欲しかったけれど叶っていないことで、

その上、「お先に幸せになります」という捨てゼリフ。

 

いや、捨てゼリフではないですが、その状況では、キツいですよね。

傷つくのも当然だと思います。

 

 

だけど、takeさんは、

彼女はマウントを取るような人ではない

楽しいことをただ共有したいだけ

と書いてらっしゃって。

 

うん、そうなのかもしれない。

そうなんだと思います。

takeさんの文章を拝見する限り、素敵な方なんだろうなあと私も感じました。

 

 

また、自己肯定感を上げることや、今できることをすること、楽しめることをすることなどにも取り組まれたんですよね。

すてき!

 

それは、こんなふうに嫉妬して苦しむのは、そもそも自分の自己肯定感が低いからだ、今に集中できていないからだ。

そんなふうに思われたからかもしれません。

 

たしかに。

それもそうなのかもしれません。

人と比較して嫉妬に苦しむのは、自己肯定感が低いからなのかもしれません。

 

 

だけど、です。

 

お友達がいい人で、悪気なく言ったということや、

takeさんの自己肯定感が低いかもしれないことと、

takeさんの気持ちが傷ついたことは、

全く別の問題です。

 

 

たとえば、

子どもが転んで膝を擦りむいて血が出てきて泣いているとき。

 

「だから走ったらダメって言ったでしょ!」

と怒ったら、子どもはどうなるでしょう?

 

たぶんもっと泣きます。

 

 

たしかに、その子は、走っちゃいけないところで走ったのかもしれない。

 

でもこけちゃって、膝を擦りむいた今、そのことを怒るのは酷です。

まずは、その傷の処置をしてあげるのが先だと思うんです。

 

子育て論を展開してるんじゃないですよ。

怪我をしてる今は、その経緯を振り返って責めたり反省するより、まず応急処置をした方がいいのでは?という話です。

 

 

takeさんのご相談文を読んで、同じようなことになっていないかなって思ったんですね。

 

 

辛い状況の時の、「お先に幸せになります」というお友達のことば。

 

それに傷ついた自分に、100%の気持ちでケアしてあげられたでしょうか。

 

「相手に悪気はない」とか、

「自分の自己肯定感を何とかせねば」

というところに気がいく前に、

 

心から、100%の気持ちで、

酷い!

がんばってる気持ち踏みにじられた!

マウント取られた!

傷ついた!

腹立つ!

って、怒り切れたでしょうか。

怒る自分を肯定できたでしょうか。

 

 

彼女はいい人で、他意はない。

私は自己肯定感がきっと低め。

だから、「お先に幸せになります」ということばに傷ついてしまうんだ。

 

そんなふうに考えて、

怒りや悲しさを、感じながらもセーブしたところはないでしょうか。

 

 

それは、膝から血が出ているのに、

その処置をせずに、

「だから走ったらダメって言ったでしょ!

どうして走ったの!

だからこんな怪我するのよ!

自分が悪いんだから泣かないの!」

とえんえん言い続けるようなものだと思うんです。

 

それよりもまずは、傷の手当てを。

 

だって、痛いんだもん。

血が出てるんだもん。

 

「痛かったね、びっくりしたね」

そう声をかけてあげて、傷を手当てしてあげれば、子どもはどんなに安心するか。

 

また転ばないようにする反省や対策は、気持ちや傷が落ち着いてからすればいいんです。

 

 

心の傷は、目に見えないからわかりにくいけれど、

怪我をして血がダラダラ流れ続けているときに、

「相手は悪くない」

「もっとこう思わなければ」

と、他人を慮ったり、反省したりしなくていいんですよ。

 

何より、傷を手当てするのが第一。

 

それが不十分なまま、自分をほったらかして他人を慮ったり、自分を責めたり反省をしたりしていると、傷口からダラダラと血が流れたままで、自分が泣き続けていることになります。

 

 

takeさんはとてもやさしくて、人の心の機微に敏感で、良識のある人。

 

だから、何かにつけて、

自分の傷のケアを後回しに

相手や全体の状況に気を回し、

自分の改善すべき点を考え、

やってこられたのではないでしょうか。

 

思い当たるところはありますか。

 

 

まず、お友達のことばに、傷ついたということを見つめてみてください。

それが、身体の傷だといたら、どんな深さでしょう。

どれだけ血が流れたでしょう。

あ、血とか考えるの苦手だったらごめんなさい(^^;;

お好みで、頭痛/腹痛バージョンへの置き換え可です。笑

 

 

その傷を、まず、しっかり手当てしてください。

傷口がしっかりふさがるまで。

 

心の傷の手当てとは、

まずしっかり傷ついた気持ちを感じきること。

怒りが湧くなら、100%で怒る。

100%というのは、

「相手も悪い人じゃないから」とか、

「私にも改善すべき点がある」とか理由をつけて抑えずに、

「とにかく腹立つんじゃい!」と理屈抜きに気持ちのままに怒り狂うということです。

 

誰もいない所の方がいいかな。笑

誰の目も気にせず100%で起こり切るために。

泣き叫んでもいいし、紙に罵詈雑言を書き出してもいいです。

 

出てこなくなるまでできたら最高ですね。

 

 

お友達といったん距離を取られたのもよかったと思います。

会うのが辛い時は、自分のために嘘でもなんでもついて、距離を取るのも善策です。

 

 

あとは、人に話すのもいいですね。

「こんなことがあって、こんなこと言われてさー、めっちゃ酷ない??」と。

 

お友達はそんなにいないとのことですが、ご家族や、割り切ってカウンセラーなどでもいいです。

 

 

そして怒りがある程度1人で出せたら、このお友達本人に、伝えてみるのがいいかもしれません。

 

ご本人なので、伝え方によっては、びっくりさせてしまいますが、このご相談文の通りに伝えたら、けっして悪くないように私は感じました。

 

素敵なお友達に以前からうっすら嫉妬していたこと。

でも、趣味も合うし、心から安心できると思っていたこと。

だけど、辛いことが重なった時期の、「お先に幸せになります」のことばが、あまりにキツかったこと。

だけど、マウントを取るような人じゃないことはわかっているし、つれなくするのに罪悪感を感じていること。

でもやっぱり、怒りと嫉妬心が拭えないこと。

 

そんなことをtakeさんのことばで、伝えてみてもいいと思います。

 

takeさんが、心から安心できると感じていた人だから、大丈夫なように思うんですよね。

いや、それを聞いてお友達がどう感じるかは、お友達の領域であって、takeさんの領域でも私の領域でもないので、責任は取れないのですが。

おい

 

ただ、お友達の反応はどうあれ、飾らない気持ちをそのまま言えたら、takeさんの心境がガラッと変わるのではと思います、

 

流れ続けていた血が、やっと止まるかもしれません。

 

 

もし、伝えてみる勇気が湧いたら。

1つポイントをお伝えするなら、

「I メッセージ(アイ・メッセージ)で」ということです。

 

「あなたの」言い方が私を傷つけた!という言い方でなく、

「私は」こんなふうに感じた。

「私は」どうしてほしい。

 

私の言うことが全世界の真実のように言うのではなく、あくまでも「私は」こう思うんだというスタンスで伝えると、お友達も素直に聞きやすいと思います。

 

 

そして、そうやって心の傷がある程度落ち着いてから、

どうして嫉妬しちゃうのかな。

自己肯定感が低いのかな。

そんなことに目を向けてみたらいいと思います。

 

すでに自己肯定感に取り組んだことがまちがいということではないですよ!

その状況でよく取り組まれたなと思います。

むしろすばらしい。

 

ですが、心の傷の処置をしてから取り組むと、さらに自己肯定感の取り組みは楽に進みやすいと思いますということです。

ぜひ継続されてくださいね(^^)

 

 

もし、お友達に伝えるなら、ついでに、

私のいいところはどこだと思う?

どうして私と遊びに行くの?

ということも聞いてみてください。

 

お友達から見たtakeさんは、takeさんが思っている自分像と、全く違うという発見ができるかも。

今回のことは、自分の真の魅力に気づくためのできごとなのではないでしょうか。

 

そして、「お先に幸せになります」と言ったのは、

お友達が、次にtakeさんも必ず幸せになれるものと当然のように思っているからではないかと思います。

 

 

そりゃそうですよ。

お友達が幸せになれて、takeさんが幸せになれない理由がない。

幸せになってください(^^)

 

 

ずっと応援しています(^▽^)

ご相談ありがとうございました!

 

 

 

昨日はまた「オペラ座の怪人」観てきました!

今回の公演で1番いい席で、その後は新地で焼き肉食べて、幸せしかなかった。

カーテンコールで高井さんに手を振ったの気づいてくれたかな。。。笑

それにしてもまた観たすぎて辛い。笑

 

 

 

 

LINE公式登録はこちら

LINE特典について

ID  @567icozp

 

 

 

 

  

▽いなこの雰囲気はこんな感じです。

「やわらかい関西弁が聞き心地よい」とのありがたいお声をいただいています(‘∀‘)

m.youtube.com

 

 

 

www.aikoingk.com

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ 

 

 

 

積極的には殺めていない怪人ー「オペラ座の怪人」がよりおもしろくなる?原作のおはなし⑩―

オペラ座の怪人」がよりおもしろくなる?原作のおはなし⑩―積極的には殺めていない怪人―

 

 

’それなりに’うまくいっている→を→’おもいっきり’しあわせに

 

自分の書きたい思いだけで書いてきた、オペラ座の怪人シリーズですが、ついに最終回。

きっちり⑩で終わりそう。

 

ちょっとこの後は燃え尽きるかもしれません。笑笑

 

 

ということで、原作小説から、私の大好きな四季版「オペラ座の怪人」の、より理解が深まったなと感じるところを書いていくシリーズ。

最終回の今日は、「積極的には殺めていない怪人」です。

 

 

オペラ座の怪人」の原作小説と、ミュージカルの関係はこちら↓に書いているのでご参照くださいねー。

www.aikoingk.com

 

 

アンドリューロイドウェバー版や四季版の「オペラ座の怪人」が好きで、原作を知るとそのイメージが壊れそうでいやという方は、読まないでくださいねっ!

 

 

【四季版「オペラ座の怪人」の理解がちょっと深まる原作シリーズ】

①オペラ座の「怪人」

②頼れる姐さん?マダムジリー

③クリスティーヌはなぜ”音楽の天使”を信じたか

④新演出に納得?人間みあふれる原作の怪人

ミステリアスな怪人のいろんな能力の秘密

⑥マダムジリーのモデル?怪人の恩人・ダロガ

⑦フレッシュなラウルとクリスティーヌの恋

⑧怪人はどうして実物大クリスティーヌそっくり人形を作ったのか

 

 

▽たくさん読んでいただいているこちらもぜひどうぞ。

オペラ座の怪人をちょこっと心理学的に考察シリーズ】

①怪人とペルソナ

②怪人の母と罪悪感

③クリスティーヌと投影

④ラウルの愛、怪人の取引

⑤怪人とセクシャリティ

 

 

 

ここからネタバレしますよーーー!

 

 

 

積極的には殺めていない怪人

 

怪人は、四季版の劇中では、少なくとも2人、人を殺めています。

 

「最初はブケー、次はピアンジ」ってやつです。涙

 

怪人よ、人を殺めさえしなければ、せめてワンチャンあったのでは。涙

と怪人贔屓の私は思ってしまうのですが、原作では、積極的には殺していない模様でした。

 

自分の手を使ってわざわざ縄をかけにいったのではなく、

自分の棲家に人が近づかないよう、随所に罠を仕掛けてあって、それに掛かってしまった人の遺体を処分するという感じ。

 

いやまあ、罠を仕込んでいるんだから、間接的には殺しているのですが。

 

怪人も遺体の処理のような面倒なことはできればしたくない風でした。

 

 

ただ、オペラ座に来る前は、いろんなことをしてきたと思われます。

 

特に、ペルシャの王様に仕えていたときは、王様のわがまま放題の暇な寵姫を楽しませる係もしていました。

 

最初は手品などで楽しませていたのが、もう楽しい系は飽きたので、今度はゾッとするようなものが見たいという寵姫のリクエストで、拷問部屋を作り、そこで人が衰弱していくところを見せたりしていたようです。

 

ちなみに怪人は、その拷問部屋を作った技術で、オペラ座の地下にも拷問部屋を作り、クリスティーヌを助けに来たラウルとダロガがそこに掛かります。

 

 

と話がそれましたが、迫害され続けてきた怪人なので、生きるためには何でもやったんだろうと思います。

辛いことが多すぎて、感情が麻痺しちゃってたのもあるでしょう。

悲しいね、、、

 

 

「彼は、世にも希な醜さゆえに忌み嫌われ、人間の世界から阻害されてしまった。そのために彼は往々にして、そういう扱いを受けた以上、自分は人類に対してなんの義務も負っていないと考えているような行動をとることがあった。」

という記述があるのですが、そうなるよね、そう思ってしまうのもわからなくはないよねと思います。

 

今で言う、「無敵の人」と通じるところがあるかもしれません。

 

 

四季版でも、「情けなど知らない」という怪人のセリフがありますが、ほんとに知らないんですよね。涙

 

自分が1度も情けをかけてもらったことなんてない、愛されたことない(と感じている)のだから、それがどういうものかわからない、できないんですよね。

 

ということで、怪人は、オペラ座では積極的には人を殺めてはいないけれど、これまでにかなりダーティーなことをやってきてはいると思われます。

 

 

そんな怪人が、クリスティーヌへの恋を通して、愛を知る。

のかどうなのか。

 

結末はぜひ原作をお読みください。

 

 

はい!

大変長くなりましたが、以上で原作編を終わります。

ふー。

ほんとに長くなった。笑

 

カウンセラーブログにもかかわらず、原作編ではほぼ心理学関係なく、好きに書かせていただきました。

自分の財産として、大事にしたいと思います。笑

 

お読みくださった方、ほんとにほんとにありがとうございましたーーー!!!

 

オペラ座ファンで、気持ちを同じくする方がいらっしゃったら、ぜひ感想をお寄せください!(らぶ)

 

 

 

 

 

LINE公式登録はこちら

LINE特典について

ID  @567icozp

 

 

 

www.aikoingk.com

 

 

 

 

▽いなこの雰囲気はこんな感じです。

「やわらかい関西弁が聞き心地よい」とのありがたいお声をいただいています(‘∀‘)

m.youtube.com

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ