'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

「後悔先に立たず」の意味。

「後悔先に立たず」の意味。

 

 

テンション上がるわあ。

'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

カーラジオから、今井美樹さんの「雨にキッスの花束を」!

 

雨が降ったり止んだりですが、雨の日にこの選曲は、アラフォー女を上げてくれます(笑)。

アニメの「YAWARA!」の主題歌だったんですね。

ちょうど自分が、アニメを観る年齢の時にやっていたものなので、すごくなじみがあります。

テレビの前にラジカセ置いて、静かにして主題歌録音してたなあ。 ←時代w

 

久しぶりに車で熱唱しました(笑)。

 

 

さて、昨日は、何か決断する時、最終的にチェックした方がいいのは、「自分に正直かどうか?」ということだと思うと書いたのですが、

この、「自分に正直かどうか?」というのも、渦中にいる時は、よくわからなかったりするんですよね。

 

これがほんとの自分の気持ちだ!と思っていても、

実は世間の価値観に流されていたり、

人目を気にしていたり、

人のせいにしていたりすることもあります。

 

「こともあります」っていうか、かなりそういうことは多い気がします。

 

自分の本当の気持ちではなく、

こうすべきとか、

これが普通とかいうのに従って、

ここまで来てしまったという人って、案外多いと思う。

社会に適応するためには、ある程度「矯正」されますからね。

 

「来てしまった」と気づけたらいい方で、

それが他人軸だったということにも気づいてさえいない人も多いと思います。

 

だから、何か決断する時、

細心の注意を払って、

それが自分に正直な選択か?

と問うたところで、

気づけないこともあると思うんですよね。

 

その時は正直な選択だと思っていても、「今思えばあれは他人軸だったわ」と後々気づくこともあると思う。

 

だから、よくよく考えて選択したことでも、

「あー、自分に正直じゃなかったなあ」

と後悔することもあると思うんです。

 

 

今日の話はここからで。

 

たとえ自分に正直な選択じゃなかったとしても、

自分がした選択は、いつも最善な選択なんです。

 

だって、その時は、これがいいと思ったわけでしょう?

理由は何であれ、こうするのがいいと思って選んだわけです。

 

その時は、

これが自分の正直な気持ちだと思っていたのかもしれないし、

自分に嘘ついてるなと薄々わかっていながら選んだのだとしても、

そうせざるを得ないくらい、誰かのためを思っていたのかもしれないし、

自分の気持ちを押し通すのが怖かったのかもしれないし、

意地を張って、すべて投げやりになるほど感情が暴れていたのかもしれないし、

とにかく辛かったのかもしれない。

 

だって、もっと幸せになれる選択肢を楽に選べるなら、迷わずそれを選んでいたはずだから。

 

どんな理由だったとしても、とにかく、そのときの自分にできる範囲では、最善の選択肢だったはずなんです。

f:id:inainaco:20201120232045j:plain

 

 「後悔先に立たず」ということわざは、普通は、

「後から悔やんでも取り返しがつかないから、する前によく考えて気をつけなさい」という意味で使われますが、

「後悔は、先には立てられないものだ」とも言えると思うんですよね。

 

過ぎた今だからこそ、後悔できる。

まだ、「今」を経験していなかった過去の自分には、この後悔はできなかったはずなんです。

 

その時その時で、必ずその時の自分なりの最善は、尽くしてきたはずなんです。

 

先に後悔できてたら、そんなことしねーよって話だから。

 

経験がちょっと増えた、過去の自分よりちょっとお利口な自分だからこそ、後悔できるんですよね。

 

 

もうちょっとよく考えたらよかったなあ?

あの時散々考えてたでしょ!

 

もっと要領よくやればよかった?

最大限の要領かましてこれだったはず!

 

もっと準備すればよかった?

自分のできる準備はすべてしたでしょ!

 

意地張ってしまったなあ?

意地なんて張らずに済むなら張ってなかったはず!

 

もっと人に相談すればよかった?

相談できる人がいたら、相談したはず!

 

人の言うこと鵜呑みにしてしまった?

あの時はそれがいいと本気で思ったんだから!

 

先にこんな人に出会っていれば?

あの時点では出会えていなかったんだから、どうしようもない!

 

どう考えても、やっぱりベストを尽くしているんですよね、その時々で。

 

そう考えると、

「あの時ああしていれば……」

と考えるのは、本当に、実りがなく辛いだけ。

自分を責めて、エネルギーを消耗し、動けなくなってしまいます。 ←数日前まで誰よりそうだった人w

 

 

あなたはその時々で、ベストを尽くしてきた。

何もまちがっていない、大丈夫です。

 

だから今は、過去の自分よりちょっと経験豊富になった自分で、次はどうするかを考えたらいいだけ。

 

もしまちがったなあと胸がすごく痛いなら、

そこからの気づきこそが、

あなたが自分の手でつかみとった、あなただけの宝物です。

 

大丈夫、大丈夫。

 

やっぱりどう考えても、「プロセスは完璧」なんです。

 

 

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ