'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

読者のみなさまへ お詫び

f:id:inainaco:20200505160954j:plain

しっくりくるのを模索中・・・

 

 

今日はこの「カウンセラーいなこ」ブログの300万人の読者に謝らなければならないことがある。

 

これまでずっと、昨年度末、すなわち今年の3月に退職したと書いてきたが、実は本当は4月末に退職していた。

 

次に人が入ってくるのは4月ということと、有給休暇を消化させてもらうこととを考えて、なるべく会社に迷惑をかけないよう、4月末の退職にし、実勤務は3月半ばくらいまで、その後はずっと有給休暇を使ってお休みさせていただくということにしていた。

それを説明するのがめんどうだし、話の本文には特に重要なことではないので、わかりやすく3月末の退職、ということにしていた。

 

みなさんに嘘をついていました。

 

本当に申し訳ありませんでした。

 

 

と、そんなことで良心が痛む私ではない。

 

 

そうじゃなくて。

とにかく、4月末の退職で、5月から次の新しい職場の所属、しかも緊急事態宣言が出たので、初出勤は5月7日になった。

すなわち3月後半からずっと「休み」なのだが・・・

 

 

4月の末に、師匠・根本裕幸お弟子さん講座の概要説明があり(この事態なのでZoomにて)、同期となる弟子仲間とも初めてそこで顔を合わせ、今後講座を進めていく上での運営をスムースにするために、弟子たちはくじ引きで6人ずつのグループに分けられた。

 

そのメンバーでさっそく、相談しあって励ましあって情報交換しあって、それぞれ準備を進めている。

 

みんな、仕事をしていたり、子育てをしていたり、その両方をこなしてへとへとになったり、家族にちょっぴり気を遣ったりしながら、どうにかこうにか時間を作りだして、ああでもないこうでもないと考えて、ブログの立ちあげに格闘したり、記事を書いたりしている。

#吉村寝ろ である。(違)

 

 

かたや私はというと、3月半ばからずーっと休みである。

決まった時間に出社することもない、ご飯もお風呂もほったらかしていても文句を言う人もいない、テレワークはこう見えても勤務中なのであるという概念がいまいち理解できず、公園とおやつを交互に要求してくる幼児(←甥・笑)もいない。

 

そう、私だけが、高等遊民だったのだ。

 

 

そらこんだけこってりした長ったらしい文章毎日毎日書けますわな。

 

 

文章を書くのはもともと好きだったし、普段から伝えたいことは多い人間で(相手が伝えられたいかは別にして)、普段の、おもしろかったけど何の役にも立たないできごとを振り返って1人思い出し笑いしているような人間なので、ネタにも今のところ困ってはいない。

ブログを書くことがカウンセラーの本文ではないし、内容が少しずれてきている気もするが、自分の好きなことができてワクワクしているし、自分を活かせている気もするし、しかもこれが趣味でなく仕事につながっていくのかと思うとやりがいがあり、確実にライフワークに近づいて行っている気がする。

 

 

しかし、書きだしたら、よりおもしろい文章にしたくなってしまって、ザーッと思いつくままに書いた後、「これを先に言った方がおもしろいな」とか、「ここの助詞は『に』より『へ』の方が印象的やな」とか、とんでもなく推敲をしてしまう。

そしてそんなことをしていると、1つの記事に1時間、2時間くらいかかってしまっている。

 

この言い回しをしたらおもしろい!といったアイデアが浮かぶと、ワクワクして今すぐしたくなって、書き上げたと思っても、また思いついてパソコンをあけて、すぐに書いてみたくなってしまう。

 

ちょっとだけのつもりが何時間もたってしまう。

 

いい気候で散歩にだって行きたいのに、書き始めたら止められなくて、1日パソコンの前に座っている日もあった。

 

一人暮らしだし、緊急事態宣言で誰かと会って場面を切り替えることがないので、夜になってもあれを書こうこれを足そうといろいろ考えが浮かんでワクワクしすぎてなかなか寝つけない。そして朝も早く目が覚める。

 

 

果たしてこれはいいことなのだろうか。

 

ブログを書き始めて以来、ずっと交感神経が優位になって、ワクワクしすぎてずっと頭に血が上っている感じがする。

このままだったら、思っているより早くに死んでしまうかもしれない。

自律神経を自在に操れるようになるセラピーを受けた方がいいかもしれない。

「好きを仕事に!」も考えものかもしれない。

「そこそこ」の仕事をしていた方が、心穏やかに過ごせていいのかもしれない。

 

 

まあ、いろいろなことのバランスも考えて、自分のちょうどいいところをみつけていくということも、これからの講座で学んでいけるのかもしれない。

今は試運転だからまあこれでよい。

 

 

とにかくそんなわけで、ブログ開設以来、それ「だけ」をするという毎日を送ってきた私だが、そんな高等遊民生活とも今日でお別れである。

 明日からは、馬車馬のように働かねばならない。

 

すなわち、これまでのような量・質ともに上質な記事を毎日提供することはできなくなるであろう。

そのことを、愛すべき私の300万人の読者に、謝っておきたかったのだ。

 

 

しかも私にはどういったわけか、同じ地球上に存在しているのに、人一倍、慣性の法則が働きやすいところがある。私の肌がすべすべしているため、摩擦係数が人より小さいのかもしれない。

すなわち、やりだしたら止まらないが、だらだらしだしたらこれもまた止まらないのである。

したがって、毎日の更新を止めてしまうと、次にいつ更新させる力が働くかわからない。

 

 

朝の通勤電車の中や、昼休みに読んで、「今日もあほなこと言ってるわー」と笑って今日の元気の足しになればと、毎朝8時の予約投稿をしていたのだが、それもこの感じだと難しいだろう。

 

 

 

こんなにこってり長い文章を書くのではなく、

 

「きょうはカレと表参道のカフェでタピオカとエッグベネディクトとフレンチトーストとパンケーキとマカロンとティラミスをたべたょ♡♡♡」

 

といった、いなこのキラキラした日常を短文で表し、写真を多用してこまめにアップする路線にシフトチェンジするかもしれない。(誰が興味あんねん!)

 

 

まだ誰も読んでいないので(300万人の読者は?)、自分にしっくりくるやり方を、焦らずじっくり模索していこうと思う。

  

 

わかりやすく要約すると時間がなくなるし、コツコツタイプじゃないので、更新が急に滞りだすと思いますが心配しないでくださいねという言い訳です。(←これだけでいい)

だいたい、私がコツコツ努力できるタイプだったら、今頃は東大を出た後ハーバードへ留学し、戻ってきて美人官僚として辣腕を振るい、新型コロナをどこの国よりも早く封じ込めることに成功していたと思います。

 

 

いつも長々と読んでくださっているあなた、がもしもいるなら、本当にありがとうございます。

それでは新しい職場へ、いってまいりますね!