'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

入れ物より魂的ななにかが、あなたをつかさどっている。

f:id:inainaco:20200911183254j:plain

 

 こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

仕事から帰ってドアを開けたとたん、冷気。

いくら涼しくなったとはいえ、こんなに?

……いやな予感。

冷房をつけたまま出ていってました(TT)

 

 

 

先日、パスケースを買い換えました。

 

見慣れているのであまり気にしていませんでしたが、よくよく見ると、色が剥げていたり、革がめくれて傷んでいたり。

かれこれ10年くらいは使っていたかも(^^;;

もう十分だなと、買い替えることにしました。

 

 

新しいものにカードを入れ替えて、うきうき。

 

でもそのとたん、空になったついさっきまで使っていたパスケースの方は、急に魂が抜けたようになってしまいました。

カード数枚と小銭を入れて、新品のときより少し革が伸びていたのが、中身を抜かれてスカスカ。

さっきまで以上に、傷んで見えます。

古く見えます。

本当に、ついさっきまで、私が使っていた、まぎれもない私の持ち物だったのですが、新しいものに中身を移し替えると、すっかり「過去のもの」といった風情です。

 

確実に、魂が抜けている。

 

財布やスマホケースを買い換えたときも、同じことを感じます。

さっきまで確実に‘生きていた’ものが、中身を抜いて新しいものと交代したとたん、とたんに、魂も抜けたように見える。

私の持ち物としては、‘死んでしまった’のです。

 

 

不謹慎かもしれないけれど、人でもそうです。

 

数年前に、母方の祖母が亡くなりましたが、亡くなった後の顔を見たとき、「おばあちゃん、こんな顔だったかな……」と思いました。

もちろん本人であることには間違いないのですが、‘魂’が抜けた後の顔は、何か別人のようで。

 

 

で、中身って、やっぱり大事だなと思うんです。

中身といっても、外見より中身、見た目より性格が大事だよ、というニュアンスとはちょっと違って。

やっぱり、‘魂’って言うのがしっくりくるかな。

‘魂’ありき。

‘魂’ってなんなのよっていう話ですが(笑)。

 

入れ物自体より、それを動かしている、稼働させている何かです。

それがあるとないとでは、大きく異なる。

パスケースでも財布でもスマホケースでも、使われているときは、生き生きしています。

どんなに傷んでいても。

 

そこからカードやお金やスマホが抜かれるということは、それとして使われなくなるということ。

まったく同じものなのに、中身を抜かれたとたん、急に見え方が変わってしまうのです。

 

 

「恋をするときれいになる」と言われたりしますが、好きな人を意識して、気合を入れておしゃれするので、実際に造形的にきれいになるのもありますが、「気合を入れておしゃれする」の「気合」の方の力もあなどれないと思います。

 

好きな人ができると、すべてにおいてやる気が出てきて、目に力が入る、表情が豊かになる、足取りが軽やかになる。

結果、すごく輝いて見える。

そういう現象を、自分においても、他人においても見たことのある方は多いと思いますが、同じ人物で、顔も身長も体重も変わっていなくても、‘魂’だけで、それだけ‘入れ物’の見え方も変わるんです。

 

超絶美人でも、人生を悲観して疲れていると、あまりきれいに見えなかったりするものなんです。

 

 

入れ物を動かしている、‘魂’的な何か、あなどれないです。

 

 

魂的な何かから輝かせるというのが、その人の本質的でオリジナルな美を引き出す手段である気がして、そしてその手段の1つが、心理学な気がして、私は好きなんですよね。

際限なく、その人だけの美しさを引き出せる気がして。