'それなりに'うまくいっている →を→ 'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 ©️カウンセラーいなこ

その時々で、必要な出会いをしているーカウンセリング遍歴を振り返るー

f:id:inainaco:20200727083040j:plain

必要なときに、必要な出会いはやってくる。



  

 

おはようございます、カウンセラーいなこです。

 

 

昨日は、瑛人さんの「香水」について書きました。

なんか変な歌だなあという違和感から病みつきになっていったという話でしたが、その後、You Tubeをいろいろと見ていたら、女性側の気持ちとして、同じメロディーでアンサーソングを歌っている方も何人かいました。

 

そんなのを聞いていると、昨日の午後くらいまでは、「なんか病みつきになるー」くらいだったのですが、だんだん、もう素直に好きという気持ちとは違うけど、あの楽しかったころの自分たちが愛おしいなあとか、自分がもう好きになることはないくせに、それでも相手にとって自分のことをどうでもいい存在になるのはいやだなあとか、そういう微妙な気持ちってあるよなあと、無性に切なくなってしまいました。

 

結局ダウンロードして聞いています。ほらね、違和感からどっぷりはまってる(笑)。

 

 

さて、カウンセラー修行真っ最中の私ですが、カウンセラーを目指そうと思ったのは、昨年長年勤めていた職場の退職を決め、新しい道を目指そうと思ったときに、不安になり、カウンセラー・根本裕幸氏を見つけたことから始まったのですが。

 

カウンセラーを目指すなら、自分もカウンセリングを受けてみる方がいいよというのもあり、また、退職・転職を自分でもまだ消化しきれておらず、不安やこれでよかったのかという迷いがあるというのもあり、いくつか根本一門の先輩のモニター募集なども利用させてもらい、受けてきました。(関係者でなくても受けられます!)

 

 

この転職・退職について、受けたカウンセリングを振り返ると、

 

(2019年8月30日) 上司に退職を願い出る

【2019年11月】 退職・転職についてとんでもなく不安になり、根本裕幸氏(現師匠) を見つけ、カウンセリングを受ける。

「転職はまあいいんじゃないかな、転換期ということで」という一言で、とりあえず安心する。

https://www.aikoingk.com/entry/2020/05/02/080000

その数日後、退職届を正式に提出。

【2020年2月】根本裕幸お弟子さん制度3期に参加を決める。

【2020年4月】お弟子さん制度開始。

(2020年4月31日)前職場退職、5月1日〜現職場

【2020年5月】パートナーシップカウンセラー・星乃せいさんのカウンセリングを受ける。https://www.aikoingk.com/entry/2020/05/08/080000

転職についてネガティブにとらえていたことの、違う側面を教えてもらう。

【2020年6月】数秘カウンセラー・戸田朱美さんの数秘術セッションを受ける。

あなたに笑顔を

前世から持っている性質は「子どものようなところで、好奇心旺盛、楽しいことしかできないタイプ」、それとは裏腹に今世の本質は「いろんなことが見える大人」、そして未来、今後の課題は、リーダーになること、前に出ることと聞く。

さらに、この1年は、「嵐のサイクル」だったと知る。そして次の1年は「変化」の1年と。「嵐」に心当たりがありすぎて怖くなる(笑)。

【2020年7月18日】根本師匠の「自己肯定感」の講座を受ける。

自分と他者のあいだに線を引くこと、したいことを「する」とまず決め、長いスパンでやり続けることを学び、楽になる。

【2020年7月19日】ライフワークカウンセラー・岩橋隆盛さんのセッションを受ける。ライフワークカウンセラー 岩橋隆盛のブログ

転職のきっかけがもし現状から逃げ出したいというネガティブなものだったとしても、その後の取り組み次第でいいように持っていける、今までしてきたことやこれからしたいことを聞くと、カウンセリングは本当にしたいことなのでは?と言われ、この道でよかったのかもしれないと思えるようになる。

 

 

とまあ、このような調子ですが、7月のこの自己肯定感のセミナー、岩橋さんのセッションあたりから、かなりこの転職・挑戦を肯定できるようになってきました。

 

 

昨年、最初に根本師匠のカウンセリングを受けたときは、まだまだ自分も混乱していて、この転職の不安や意味などを深く解決できる状態ではありませんでした。とりあえず話して、「いいんじゃない」という一言にすがるようにして、とりあえず安心したという感じ。

 

その後5月に星乃せいさんのカウンセリングを受けたときは、今回の転職について自分がネガティブにとらえていたことを、ポジティブな見方ができるということをたくさん教えてもらいました。それにより、自分はがんばってきたのだということは認められるようになりましたが、まだ、「理屈で」という状態で、心から安心はできていなかったと思います。

 

 

そして、戸田朱美さんの数秘セッション。この時はブログなどに慣れておらず、気力もなくブログに感想を書けなかったのですが(ごめんなさい)、去年1年が「嵐のサイクル」にいたということが、あまりにドンピシャすぎて怖くなりました(笑)。もう、迷って迷って不安で不安でめちゃくちゃでしたからね(笑)。嵐のサイクルのときは、いいことも悪いことも大きくなるらしく、この転職はいいことわるいことどっちだったのだろうと、そのときはわかりませんでした。

 

 

そしてつい最近の岩橋さんのセッションで、私は、どこか青い鳥を探して、自己肯定感の低さから、何かすごいものになりたいという思いで、恵まれた環境を捨て、転職してしまったんじゃないかという思いを、そうではないしそうだとしてもこれからよくしていけばいい、と言っていただき、この転職を思考だけでなく感情的にも肯定できるようになりました。

 

 

カウンセリングを複数受け、だんだんと、心の奥に迫っていくというか、私自身の変化にともない、カウンセリングの深度が深くなってきたというか、そのときそのときで必要な出会いだったと、今思うのです。

 

 

そして、先日、和泉りょう香さんのセッションを受けました。

 

 

つづく