'それなりに'うまくいっている →を→ 'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 ©️カウンセラーいなこ

カウンセリングってやっぱりいい。姉弟子・星乃せいさんのカウンセリングを受けるの巻。

f:id:inainaco:20200505122944j:plain

自分は自分の中に入りこみすぎていてみえない。鏡がないとみえない。他人という鏡。カウンセラーという鏡。



 

 

世間ではまだ、カウンセリングなんてうさんくさい、受けるのは恥ずかしいと思っている人もいるようだが、私はあまり抵抗がない。

もともと、心理学に興味があって、高校時代から、臨床心理士になりたいと思っていたのもあるが、私がカウンセリングを好きなのは、身体の状態と同じ、いやもしかしたらそれ以上に、心の状態がすべての土台になると思っているからだ。

 

私は病気でもなんでも、対症療法(見かけの症状を治める治療)より原因療法(症状の原因に対する根本的にな治療)が好きで、というか、誰だってそりゃ、できるなら根本的な治療を選ぶだろう。

身体の病気は、それが対症療法なのか原因療法なのかが、比較的わかりやすいが、心のことは、目に見えないのも相まって、原因療法と見せかけて実は対症療法、ということを、気づかずにしてしまっていることが多い気がする。

不安を押し殺してむりくりポジティブキャラになるとか、寂しいのに仕事や遊びでごまかして生きていくとか、弱さゆえに権力を身にまとうとか、ルールで縛って他人を思い通りにして安心するとか……

 

対症療法であれ原因療法であれ、自分がそれで心地よいなら何の問題もない。だけど対症療法の場合、大元の原因は常にどこかに抱えていることになるので、何かのきっかけでまた調子を崩すことがある。

 

私は、そういう心の何となくの違和感を、根本的に解決する効果的な手段の1つが、カウンセリングだと思っている。

 

自分の中にあるものを、思う存分発揮しきって死にたい(物騒だな、おい。今死にたいんじゃなくて、「死ぬまでに」ってことね)という思いがずっとあるので、カウンセリングで、自分を制限しているものを取っ払って、その後の人生を自分らしく思いっきりのびのび生きられるなら、多少お高めに見えるカウンセリング料金(笑)も、安いものだと思える。だって心は一生ものだから。

 

心はすべての土台であり、何をするにもついてまわり、その土台が盤石であれば、そこから仕事でも、恋愛でも、子育てでも、スポーツでも裁縫でもDIYでも生け花でもおしゃれでもユーチューバ―でも、とにかく何でも自分らしく楽しく味わいながら取り組める。

心の状態が、身体の状態に影響を及ぼすことも少なくない。

 

だから、まず、身体と同じように心も土台として、整えていきたいのだ。

 

 

このように、「カウンセリングから得られるものはプライスレス」というのが持論の私だが、先日、師匠・根本裕幸氏の講座の姉弟子である、星乃せいさんのカウンセリングをモニター料金、なんと、無料ー!で受けたのでありますっっ!!!!!

 

 

カウンセリング料金なんて安いもんやとか言うて、結局鼻息荒ろして無料に飛びついてますやん。

 

 

いや、「無料」に鼻息が荒くなっているのではない。

・・・受けられる恩恵はありがたく受ける、これもまた賢人の賢明な判断である。

 

 

 

※緊急告知※

今、兄姉弟子さんたちは、どんどん世に出て活躍し始めており、中には大変お得なモニター価格での企画もたくさんあります!詳しくは師匠・根本裕幸氏のHPにまとめられています!

 

 

 

ブログ開設から毎日のようにここで話している、私の退職・転職の不安は、今年の2月頃からはかなり落ち着いてきていたのだけれど、カウンセラー・根本さんのお弟子さん講座の開講が近づくにつれ、何だか自分にはできる気がしなくて、どんどん気が重くなってきていた。

 

あー、元々はカウンセラーになるために転職したんじゃなくて、イラストの副業をしたくて(実はそうなんですよ!)副業OKのとこに転職しただけやのに……なんでカウンセラーの方に来てしまったんやろう、一番うさんくさい業界に足踏み入れちゃってるやん(おい!結局お前もか!笑)。自営でカウンセリングしてそれ以外にも集客やらお金の管理やらって……あー大変そう、そんな根性私にはない……あーもう、できもせえへんのにこんな講座にピー万円もつぎこんで(メルセデスベンツGクラスが900台買える金額です(タカラトミー製))ほんま何してんねんやろ私。あーもう、高い人生勉強したと思って講座さっさと終わらせて、堅気に戻って本業にいそしんで貯金して無難に生きよう。

 

すぐに無難な世界に引き返そうとしてしまう。

無難だけの世界が窮屈で飛び出したくせに。

 

 

開講が迫る中、久しぶりにしんどくなって、講座DVDをみておくという予習もどうしてもする気になれなくなってしまっていた頃だったので、このありがたいモニター企画に飛びついたのだった。

 

他の兄姉弟子さんたちもいろいろと企画されていたのだけれど、そのブログから、シンプルで、やさしく落ち着いた丁寧な雰囲気を感じて(自分はこてこてのを書いてるくせに・笑)、何となくの直観で星乃せいさんに申し込んだ。

 

カウンセリングは、Zoomでのオンラインセッション。

事前に、解決したい問題などについてアンケートに答えてメールした。

 

 

 

そして当日。

Zoom画面に現れた星乃せいさん(以下せいさん)は、目のぱっちりしたお嬢様風、セミロングの優しそうな女性だった。

画面越しとはいえ、お部屋の背景もカウンセリングルームのようにおしゃれですっきりした感じ。

 

初対面でどう話し始めたらいいのか、少し気恥しく、とりあえず笑うしかなかったが、事前アンケートに書いていたことをもとにセッションが始まった。

 

さんざんこれまでここで書いた内容だが、

やりたいことに挑戦してみたいと悩みに悩んで退職を決意したが、その後実際の退職日まで半年以上、これでよかったのか不安でたまらなかったこと、

その不安は徐々に薄れて小康状態を保っていたのだが、根本さんのカウンセリング講座開講が近づくにつれ、本当に自分にできるのかと、最近また気が重くなってきたこと、

について相談した。

 

1時間のカウンセリング。とはいえ、1時間で積年の悩み(笑)を解決するのは少々むちゃである。なので、今日のこの1回で、すべてがすっきりするとは、あまり期待しないでおいた。

しかし、この1時間で、私の認識が、みごとにひっくり返ったのである。

 

 

振り返りながら簡単に整理すると、

 

 

×せっかく14年も続けた会社を辞めてしまった、1つのことをやり通せなかった挫折感がある

○1つの仕事を14年続けられた続けられたことがまずすごいこと

 

 

×退職届を出した後も、ずっと不安で不安で悩んでばかりだった

○退職が決まった状態で半年も働くのは、しんどくて当たり前、しんどいことを頑張れたのだ

 

 

×よくしてもらって、「ダメだったらまた戻ってきたらいい」とまで言ってくれるような職場を辞めてしまった

円満退社できるのはすごいこと、これまでの働きが認められていたということ

 

 

×成功する保証もないのに退職すると言うと、人は「すごい」、「思い切った」などと言ってくれるが、逆に「私は人に驚かれるほどほどヤバいことをしているのか」と怖くなってしまう

○結果云々の前に、挑戦できたこと自体がすごいことである

 

 

私は見事に、ものごとの悪い側面ばかりを見つめ続けていたのだ。

これまで人に「考えすぎ!」と笑われながら、心がけてもなかなか持てなかった俯瞰の視点。

私の思う不安や後悔のようなものに、15年間会社員を続けているご自身の経験も交えながら、1つ1つ別の側面をわかりやすく提示してくれた。

 

 

本当にありがたいことに上司や同僚も、最悪、次の職場が合わない、やりたいことへの挑戦もなんだか違ったとなれば、また戻ってきたらいいなどとと声をかけてくれていたのだが、ほんとに最悪、そのことばに甘えて前の職場に戻らせてもらったとしても、また役職に就けるとも限らないし、勤続手当(年勤続年数に応じた手当がありました)も0からやり直し、結局、数年さまよったせいで、何者にもなれず、ただただ生涯年収が下がるだけの結果になってしまうと思っていた。老後までに2000万貯めとくよう国から言われてるのに・・・

 

そんなことを話すと、せいさんに問いかけられた。

 

「もしそうやって、元の会社に戻ったとして、会社を辞める前のいなこさんと、と辞めて戻った後のいなこさんは、同じいなこさんだと思います?」

 

 

 

・・・・・・あ、違う。 

  

 

 

見かけ上は、同じかもしれない。

ハードとしては、前と同じ、いや、前よりちょっと老けて帰ってきた(悲)、いなこ元主任だ。

 

でも、ソフトは違う。

退職する気持ち、挑戦する気持ち、不安との向き合い方、他の世界を見てきた経験、文字にはしきれない経験がしっかり刻み込まれた私になっている。

 

 

「前よりパワーアップしたいなこさんですよね?」

 

 

それに気づいたとたん、視界が開けた。

視界が開けたら、これからの道も明るく見えてきた。

 

「人生になにひとつ無駄はなく、すべては自分を磨くためにある(月影千草)」って、こういうことか。

 

何となくわかるようでわかっていなかったその名言の意味が、せいさんの問いかけで、初めて体感できた。

 

 

それがうれしくて、これまでさんざん友人など周りの人もいろいろと励ましてアドバイスしてくれていたのに、それでも気持ちを切り替えられなかったが、今、このセッションで、否定的に見ていたたくさんのことが、一気に肯定に裏返ったことを伝えると、

 

「それは、いなこさんが肯定的な見方を受け入れられる状態になったということ、いなこさんが変わった、成長したということもあると思います。」

 

ということを言ってくださった。

 

 

あー、そうか、私、同じところでぐるぐるしているようで、ちょっとずつ変わってきてたんや、成長できてたんや・・・。

まだ何の結果も出てないと思ってたけど、今でももう、これだけでもう、すでによくやってたんや、がんばってたんやな、私。

(一番しんどかった時に延々同じ話を聞かされ励まさせられていた(笑)私の周りの人たち、本当にありがとう、時間泥棒本当にごめんなさい。あなたたちのおかげで私は今生きています。)

 

 

自分の変化に気づかせてくれたこの一言は、とても自信になったし、自分を好きにもなれた。

 

 

こうして振り返ってみると、結果を気にせず軽やかに挑戦しようと思っていたはずが、やはり結果にとらわれて不安になっていたのだなとわかる。

 

どんな結果になったとしても、私は確実に充実していっている。

 

これが安心ということかもしれない。今振り返ってまた改めて感じた。

 

 

 

こうして1時間で充実のセッションが終わったのが、これをしたのが姉弟子・星乃せいさん。しかし姉弟子といっても、「巨匠・根本裕幸氏に師事して苦節30年!」とかじゃない、半年くらい先輩なだけなのだ!!!

……これから半年の講座で一体何をやらされるのだろう……(笑)。

 

 

やっぱり、カウンセリングっていい。

 

 

星乃せいさんは、パートナーシップの相談を得意分野とされてますが、それ以外のテーマでもこの結果です!

さあ、あなたも相談してみましょう!

そして半年後には私にも相談してみましょう!(そこ?笑)

 

 

星乃せい先輩、本当にありがとうございました!!!

 

星乃せい Love oneself 

自分を愛せば、夫婦の問題もハッピーな方向へ 自分を愛すためのrehapyli(リハピリ)

https://rehapyli.com/

 

 

※ちなみに、星乃せいさん、私の師匠である、カウンセラー・根本裕幸氏ですが、数日前の初回のブログで、「予約の取れないカウンセラー」が根本さんのキャッチコピーと書いたのですが、正しくは、「『3ヶ月先まで』予約の取れないカウンセラー」です。間違いました(笑)