'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

目の前にないものにばかり恋い焦がれて、今あるものを蔑ろにするのはもうやめ。

 目の前にないものにばかり恋い焦がれて、今あるものを蔑ろにするのはもうやめ。

 

 

'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに
こんにちは、カウンセラーいなこです。

藤井風「へでもねーよ」が頭の中でループしています。


昨日、仕事とは関係のない用で、前の職場の近くを通りました。
職場自体の前は通っていませんが、付近を。

車通勤だったので、よく通っていた道や、帰り道に寄ったお店など。
郷愁を感じる街です。

あの街に行って、さみしさをかき立てられるのは、しんどいなあと思いながらも、しかたなかったので。

f:id:inainaco:20201006214642j:plain



実際通ったら。
なんていうか、
ふつうでした。
普っ通ーの街。

あれ、別に情緒的な街でもなんでもないな。
旧家も多くて、もっと人情味のある温かい街じゃなかったっけ。

まだ退職して1年も経っていないから、街並みは大して変わっていません。
だけど久しぶりに通ったら、わたしの頭の中でリフレインしているほどのノスタルジーもなく、結構普通でした(笑)。


あー私、過去をだいぶ美化しているんだなと確認。

長年慣れ親しんだ街だから、愛着があるのは確かです。
だけどそれでも、思っていたより普通でした。
普通普通て失礼か!


常に、
目の前にないものの方が、
今あるものよりいいものだ
と思って生きている。

過去を懐かしみ、
未来を夢みて。

でも、実際に、それが目の前に来たら、想像していたほどのことはないのかもしれない。

そして、よそにあるものに気を取られて、蔑ろにしていた今のことも、目の前から過ぎ去ればまた、ありがたがる。


もう、今を味わわずに、ここにないものを憂うような生き方はいやだ。
辞めよう。

そう思いました。

そして、今働いている街にも、思っているより馴染んできているんだなとも思いました。

少しずつ、私も変わっていっている。
大丈夫、大丈夫。


あなたが頭の中で、ずーっと恐れているものはなんですか?
あなたが頭の中で、ずーっと恋い焦がれているものはなんですか?

もしかしたらそれはもう、今のあなたには、恐れるに値しないものかもしれない。
もう、さして必要じゃないかもしれない。

幻想の中で、ないものねだりをし続けて、
今あるものの価値を見失わないでくださいね。




2月14日(日)19:00〜カウンセリング募集を開始します。
ぜひのぞきにきてください(^^)

 

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ