'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

令和、そのうるわしき響き。きっといい時代になる。

f:id:inainaco:20200502154256j:plain

令和はいい時代になる。だっていい時代と決めてるから。

 


最近、世界も日本も、コロナ一色になってしまったが、去年の今頃は新元号で日本が沸いていた。

「令和はいい時代になる」と明るいムードだった気がするが、コロナ流行のこの頃では「令和になってからほんといいことない」みたいにツイートしている人もいるようだ。

 

それでも私は令和という元号が好きで、いい時代になる気がしている。

 

今回の改元は、近代になって以降、天皇陛下が初めて在位中に退位されるということで、改元が予告され、我々一般の民にも予想する時間が与えられた。

テレビ番組でも、私の周囲でも、前例から、あるいは日本がこうなってほしいという願いから、新元号の予想が楽しく繰り広げられる中、私は特別興味もなかった 。

 

元号が変わったとて、 やってくる明日が変わるわけでもあるまいし。

 

 

 

ー  時は流れ、新元号発表の日  ー

 

 

官房長官「新しい元号は、『令和』であります」

 

 

令和……れいわ…………

 

 

 

いいっ!!!!!

 

 

何てきれいな響きなんだ!!!

シンプルで、品があって、うるわしくて、涼しげで……

なんて素敵なんだーーー!!!

加えて漢字もいい!!!

すっきりしていて、洗練されていて、適度にやわらかさも硬さもある!!!

 

 

ちなみに、「令和」が、品があってうるわしく、洗練されて聞こえるのには、語音の響きが与える心理的な印象というのもあると思う。

 

語音には、それぞれ音が与える印象というものがありまして。

たとえば、カ行とかタ行は、硬い印象を与える。「たかこさん」といった名前は、割とかっちりした印象を与える。

一方、マ行やヤ行は、比較的やわらかい印象。たとえば「まゆみさん」という名前は、柔らかくまあるい印象を受ける。

そんな研究があるという話を、学生時代に授業で聞いたことがありまして。

どの音が良い・悪いということではなく、どんな印象を与えたいか、音という観点からも選べるよ、という話です。

何となく覚えている程度の話で、ちゃんと調べなおしていないので、内容に責任は持てません(笑)。

 

そして「令和」の「レ」。

ラ行は、上品さとか、高級感といった印象を与えるそうだ。

ハイブランドには、ラ行の音が入っていることが多いのだとか。

ルイヴィトンとか、エルメスとか、カルティエとか、アルマーニとか、ハリーウィンストンとか……?

そんな長い名前やったら、ラ行の1つや2つ入ってるやろ! 

しかも他の音も入りまくってるし!!

ツッコミどころは満載ですけどね( 笑)。

 

 

まあもうとにかく、そんな理屈は抜きにしても、私は、

 

「レイワ」

 

という響きが気に入ったのだ、感覚的に。

 

とにかくきれい。

こんな素敵な音を、ことばを、これから数十年、日本の元号として、書いて、話して、いけるのかあ……

うれしい。

 

こうして、改元に興味のなかった私が、

一瞬にして誰より、「令和」に心を掴まれたのであった。

 

 

さらに、あとあと出典を聞くと、それまでもが私好みだった。

 

出典は万葉集から。

他でもない、日本の古典というのがよいではないか。

やまとことばで。

これぞ、地産地消

いや、ちょっと違うかもしれないけど、とにかく日本のよいものから引用したというのが、誇らしく、うれしいではないか。

 

すべてにおいて、なんてセンスが良いのだ。

 

元号について、センスがいいとかわるいとか、そんなことを思うなんて考えてもいなかった。

大げさじゃなく、ほんとにドキドキしました、聞いたとたん。

あれは紛れもなく、ときめきでしたよね。

 

ステキステキ、ステキすぎる……

 

そして、そんな元号を作りだした日本を、そのよさに気づける自分を、また1つ好きになったのであった(結局そこ・笑)。

 

 

だから、今はそれぞれに大変なこと、辛いこともあるだろうし、価値観とか、働き方とか、いろんなことの転換期だけど、とにかくいい時代になります。

いい時代です。

きっと。絶対。

とにかく私は好きだから。