'それなりに'うまくいっている→を→'おもいっきり'しあわせに

「それなりに恵まれている方だと思うし、それなりにうまくやってきた。・・・あれ、’それなり’って何だろう?」  そんなあなたに’おもいっきり’のしあわせを。 @カウンセラーいなこ

人生がリレーなら。過去の決断を後悔しているあなたへ。

人生がリレーなら。過去の決断を後悔しているあなたへ。

 

 

 

おいしい親子丼を食べたくて、三つ葉を買いました。

 

薬味系は全般的に好きなのですが、1人だと使い切れないので、あまり買わないんですよね。

三つ葉は初めて買いました。

 

ちょっとのことだけど、料理は薬味があるだけで、すごく味に深みが出ます。←プロってるわけではない。ただの個人の好み。

1回の親子丼だけではやっぱり使い切れなかったけれど(笑)、お味噌汁にも入れまくったら、新鮮でおいしい。

いつもネギ派なので。

 

買ってよかった。

 

 

'それなりに'うまくいっている→'おもいっきり'しあわせに

こんにちは、カウンセラーいなこです。

 

 

 

過去の自分の決断に、後悔していることはありますか?

「どうしてあんなことしてしまったんだろう」とぐるぐる考えてしまうこと。

 

 

先日受けた、ヤタさんのカウンセリング で、

あ、なんで「ヤタ」なのか質問するの忘れた。 そこ?

「甘い夢をみて転職してしまったんじゃないかと思ってしまう」とヤタさんに言うと、

 

「『今の私』が、『転職を決断した時点の私』を責め続けているということだよね?」

と言われました。

 

f:id:inainaco:20210513215901j:plain

図解してくれました。

 

 

 

そう言われてぼんやりイメージしていたのですが、

 

 

自分の人生が、リレーで、

「過去の私」が「今の私」にバトンを渡し、

「今の私」が「未来の私」にバトンを渡していくというように、

過去・現在・未来の私を、それぞれ別人格の人間だと考えると、

 

過去を後悔し続けるということは、

今の私にバトンを渡した前走者に、

 

「何であそこでこけるかなー!」

「靴脱げるとかありえへん!」

「あんたのせいで周回遅れ!!!」

 

とえんえん責め続けるようなものだなと思いました。

 

 

それはあまりに酷。

 

 

その、こけたか、靴が脱げたかした、前の走者も、チームが勝てるよう、一生懸命走っていたはずです。

 

それでも、こけちゃうこともあるよね。

思いがけず、靴が脱げちゃうこともある。

 

 

でも、そのチームメイトも、勝ちたいと、チームを勝たせたいと、一生懸命走っていたはずです。

 

そして、

自分のせいでチームが周回遅れになったと、

誰より自分を責めて申し訳なく思っているはず。

 

 

そんな状況だったとして。

私はそのチームメイトを、いつまでも責め続けるかな。

 

もちろんその大会に懸けていたなら、すごく残念な気持ちはあるだろうけれど、

それならなおさら、その彼女も自分と同じ気持ちだとわかるはず。

 

この上なく無念で、悲しくて、申し訳ないと思っているということが、

痛いくらいにわかるはず。

 

 

もしもそんな状態で、私がバトンを受け取ったなら、

 

「よっしゃよっしゃ、オッケーオッケー!

私が挽回したるから!」

くらいの気持ちで、

姉御肌ぶって、もっと燃えて走るはず。

 

 

そして、その通り挽回できたらもちろん喜ぶし、

もしもそのままビリでおわったとしても、

一緒に泣いて、

でもいつかは一緒に笑うはず。

 

負けたとしても、

私たちはそれぞれ、ベストを尽くした。

その結果こうなったということは、とにかくこれがベストな結果なんだと、

納得するはず。

 

 

しくじったのが、自分以外の誰かなら、どんな結果になったとしても、

長い目で、前向きな意味を私は見い出すはずと思ったんです。

 

 

f:id:inainaco:20200519114459j:plain

 

 転職を決めた、2年近く前の私。

 

あのときの私は、

私の人生の走者の1人として、一生懸命走っていたはず。

チームに報いたいと思っていたはず。

自分のベストを尽くしていたはず。

 

そんな彼女に、

「この身の程知らずめ!」

「夢なんて見るな!」

「お前のせいだ!」

は、あまりにも酷。

 

 

必死で走った過去の私からバトンをもらって、

「まかせて!」

と言ってあげなきゃ。

 

たとえ周回遅れだったとしても。

 

それを、私が取り返してあげる!くらいの気概を持って。

 

周回遅れでも、ビリに終わっても、長い目で見れば、何か前向きな意味があるはずと。

 

必死で走った、彼女の気持ちを汲んで。

 

 

 

がんばれ私。

過去の私。

今の私。

未来の私。

 

 

 

過去の決断を、後悔しているあなたへ。

 

あなたの前走者だった、あの時点のあなたは、どんなふうに走っていましたか?

 

どんなことを考えて

どんな気持ちで

どんな顔をして

走っていましたか?

 

 

今のあなたは、

どんなことを考えて

どんな気持ちで

どんな顔をして

どんなことばをかけて

前走者のあなたから、バトンを受け取ってあげたいですか?

 

 

 

 

 

▽お問い合わせ、ご意見ご感想はコチラ